« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

DSとモンハンでゲーム業界と声優を結ぶ微妙な点

「モンハン」が中学生に受けるワケ

上記のリンク先の記事を見ていただきたいが大変興味深いことが書いてある。モンスターハンター(以下モンハン)はCEROのレーティングで15歳以上推奨のゲームソフトで本来、15歳未満の中学生がこのソフトを買うのは倫理的・道義的におかしいが仮に100歩譲ってこの記事が間違って無いと踏まえた上で話していきたい。

全然関係ない話のように思えるかもしれないがSCEのプレイステーションが売れたのもこれと良く似たようなものなのである。プレステが売れた最大の原因はファイナルファンタジー7がソニーハードに電撃移籍してそれに端を発してサードパーティーがほとんど据え置きのメインで開発するソフトをプレステに移行させてしまったことによるが、ではプレステを買った人たちはどんな思いだったのだろうか。プレステ普及の原動力となったのはやはりFF7が移籍したときにおける中高生だったと思う。その世代はコロコロコミックがポケモン(モノクロのGB版の頃の)などをメディアミックス展開していてそのブームを作った世代そのものだ。そういった世代がもう小学館、任天堂=幼稚という上記で述べられている思春期の思いからプレステに走ってしまったと思う。あるいはその時点でもうテレビゲームを卒業してしまった方々もいることだろう。

今、世間でニンテンドーDSが流行りに流行っている。それはそういったプレステに走ってしまった世代やテレビゲームを卒業してしまった世代の任天堂への原点回帰といえると思う。歴史は繰り返されるようにポケモン(GBアドバンス版)→モンハン(PSP)ということも少なからず起こっていると思う。

話は変わるが声優業界においてもDSやPSPは流行っている。声優さんたちはおもしろいほど原点回帰にあてはまる方々が多い。ファミコンやスーパーファミコンはやってたけどプレステ以降はやってないとかプレステ2はあるけどDVD見ることにしか使って無いとか、明らかに一度ゲームから離れてしまった事のある方々が多い。そういった方々が最初にはまったのはニンテンドーDSのnintendogsである。このソフトのおかげで声優業界でDSが普及したと言っていいだろう。DSを持ってる声優さんたちがその次にやったのがどうぶつの森だ。アフレコスタジオなんかだとどうぶつの森で共演者同士で通信して遊ぶことが非常に多い。

対してモンハンの方はどうかというと声優という職業は案外時間に余裕のある職業のようである。朝から夜までスケジュールがびっちりというわけではなく、1週間のうちに半分くらい休めたり、昼から仕事で朝から仕事というわけでもないこともある。そういった声優さんがはまることといえばネットワークゲームだ。モンハンは1度ネットワークゲームをしたことのある声優に非常に普及している。それはモンハンが通信して共同で狩りをするというゲーム性からそういう特徴がでてきているのではないだろうか。

ニンテンドーDSは今までのゲームプレイヤーとは違った特徴のプレイヤーをたくさん生まれさせることに成功した。その裏には任天堂への原点回帰が隠れているのである。では任天堂の据え置きハードでもこの戦略は成功するのだろうか?具体的にレボリューションはプレイステーション3に対してもDSのPSPのようなことが可能なのかどうか見物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書けない?

とりあえず、いつもの東海用の無いぞ?あれ?と思ってここへ来た方、なぜか自分のプロバイダ?(@nifty)それともブラウザが原因?(ギコナビ最新、ただIEでもかけないんだけど・・・)串刺してないのに串刺さないでくださいって出てしまう・・・(´・ω・`)ショボーン

なぜかチャットちゃんねる自分の環境だと書けないので当面書けるようになるまで深夜アニメの報告はヽ(`Д´)人[;´Д`]ノオヤスミスミー!!ですw

【追記】結局原因はwindowsのアップデートをしていないことによることと判明。途中だったからって無理矢理、串刺してる状態にするなマイクロソフトヽ(`Д´)ノ

4/28以降の東海地方深夜アニメ番組表探している方へ・・・つ[アニメ実況板管理スレ]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BSQR489が終わって~理想的なアニラジゾーンって?

今日eXtendedMusicのラストノベルティが届きました。

P1000001

ラストノベルティの中身は掲載禁止なので掲載できませんが代わりにおもしろいものを見せましょう。

P1000017

これはeXtendedMusicで流す曲の曲名一覧(以前ノベルティでもらったものです)でいつも中の人こと、(担)さんは番組を放送する前にエライ(エロイ?)人にこの表を渡すことになります。

だからこの表を元にデータ放送も流しているのでこの表がが間違っていたらデータ放送も間違っていることに(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて、話は変わりますが「A&G BSQR閉局特番 Again!~ペータより愛をこめて~」の感想について、番組内容は総じて少し構成が微妙だったように思えます。ゲストがちょっと少ないということとBSQR王決定戦をやる意味があったのか?ということです。ただ子ペータちゃんは最後の良心かと思いましたw 良かったのは鷲崎さんが司会を務めたダーク片寄について考えるコーナー。あれほどアニラジゾーン的な雰囲気は無かったと思います。

アニラジゾーンって結局はなんでおもしろいかというと番組欄の縦のつながりとか横のつながりがおもしろくてはじめてアニラジゾーンだと思います。だからあのようなワイワイ、ガヤガヤ、クロストークをやってるあの状態がおもしろいのです。例えばラジオ大阪V-Satation。Vステは岩田ファミリーというおもしろい家族、そしてその周りで下ネタに溺れる?数々の声優さんのあの雰囲気がおもしろくて成功してたのだと思います。Vステが最高だったときはEAT&RUNの映画を作っていたときです。あのときはゆる蔵うれしいねがアニラジゾーンの中心となって(自分はそういうのを基幹番組と呼んでいる)一体感が出ていたと思います。そして文化放送のA&Gゾーンは土曜の21時から生放送で放送されている番組、昔で言うと超機動放送アニゲマスター、今で言うとA&G 超!RADIO SHOW アニスパ!がA&Gゾーンの中心となって独特の雰囲気を出しているはずです。

BSQR489も開局当初は小野坂ファミリー?が中心となってそういう雰囲気を出していたはずですが閉局特番ではそういった色が見れなかったことが残念です。ただ鷲崎さんが司会をやったあの雰囲気は今の文化放送のA&Gゾーンそのものを表していると思うのである意味時代の流れなのかもしれません。

では他の局はというとラジオ関西は今までは青春ラジメニアを中心としてスタチャ関連の番組がズラリとあるという感じでしたが音泉というネットラジオサイトをパートナーシップにして週刊!アニたま日曜日集まれ昌鹿野編集部など、これから基幹番組になれる要素のある番組をもう一度選んでいるという段階だと思います。

東海ラジオは一番最初にアニラジゾーンを作った局ですがmamiのRADIかるコミュニケーションを中心として名古屋城夏祭りなんかのつながりが有名ですがちょっと時代遅れという感じもします。もっと新しい基幹番組を作らないと他の局に遅れをとってしまうと思います。

アニラジの未来とはなにか、「A&G BSQR閉局特番 Again!~ペータより愛をこめて~」では結局はあまり語られませんでしたが、もっと多くの声優やスタッフがひとつのファミリーを作って楽しいことをやる。このスタイルは未来永劫変わらないと思います。この記事で自分は「ファミリー」という言葉をたくさん使ってきましたが、これは文化放送のキャッチコピーでもあったはずです。昔、BSQR489が閉局したのと同じくらい閉局するのが惜しかった局もありました。BSデジタルが見れる方は110度CS放送も同じように見れる方もいましたがその媒体で昔、「電波少年的放送局」という局がありましたが、それが閉局になったとき、視聴者がその放送局を家族の一員がいなくなったように閉局するのを惜しんだと聞きます。

アニラジゾーンの未来はこういったおもしろいファミリーという雰囲気をだしていけるものであってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後アニラジ実況どうするの?

BSQRが閉局して4月改編後の実況、うーむ、かなりやりにくい・・・_| ̄|○

月曜:あと何分?(ネトラジ)→塩ラジ(ネトラジ)

火曜:なし

水曜:なし

木曜:そんそん

金曜:はにわ(ネトラジ)→今までできなかった黒うさぎの小部屋(ネトラジ)→かしましPC(ネトラジ)[隔週放送、小部屋が30分以上あった時はやらない]→かしまし(ネトラジ)→たくろあ(ネトラジ)→[30分休憩]→グラッチェ→東鳩2

土曜:アニスパ!→こむちゃ→黒ウサギ→アニメロ→らりるれ→[30分休憩]→ドラマティック→直純祭り→まるステ

日曜:スマギャン→CURE家→.hack→昌鹿野→ヘルシーメルシー☆(ネトラジ)→アシスト~文化脂肪

黒うさぎの小部屋とヘルシーメルシー☆は一人でもやるつもりです(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »