« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

佳奈様「私はWii派ではありません」

ラジオ パンプキン・シザーズ こちら陸情3課放送局!#5より

残念だけど佳奈様といえどこれには同意できないなあ。DSを買った人が必ずWiiを買うとは限らない良い例。やっぱモンハンや麻雀ゲームがあるからかな?DSユーザーに対して任天堂も本当にWiiに興味があるかどうか試している段階。

むしろこれからこういう人をWiiに興味を持たせるようなソフトを開発すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レポート1 トップをねらえ!&トップをねらえ2!合体劇場版名古屋編!努力と根性で450分間がんばりました!

http://www.eigaya.com/event/allnight-cinema/200610_million.html

見てきました!450分間!まあ2回繰り返しの上映ということで本当は230分だったのですが流石に27時には電車は走って無いので450分間トップをねらえ!とトップをねらえ2!にどっぷりつかってきました。

正午ごろに前売り券と整理券を交換してきたのですがその時で既に90番台。半分くらいの人が整理券入手していたのね・・・で、いよいよ合体劇場版の感想ですがその前に・・・

上映が始まる1時間半前の21:30頃、自分は実はJRセントラルタワーズの12階にいたのですが・・・そうですw トップをねらえ2!といえばこの人・・・

ノノ役の

福井裕佳梨さんが

そこにいたのです!

いや、断定はできないのですが(汗)でも多分そうだと思います。なぜならば・・・

あんな日時(10/28(福井裕佳梨さんの誕生日)の21:30)にタワーズ12階の展望窓(スカイシャトルの横、車椅子のマークの辺りです)で観光客なんかほとんどいない中、カメラ向けられてゴスロリファッションでピースしてる人なんかゆかりん以外には考えられないからです!

ちなみにいっしょにいたのは若い男の人(スタッフさんかマネージャーさん?)とカメラをもったおじさん(事務所の堀川社長かガイナックスの武田さん?)。その後のトークショーでもゆかりんはノースリーブのゴスロリ風ファッションだったし武田さんがなぜかカメラマンだったから可能性としては高いかな?ちなみにゆかりんだったと仮定して誕生日であったゆかりんは何をタワーズで食べたのか気になるところではあります。そこで自分が話しかけても良かったのですがトークショーが1時間半に差し迫っていることや2人も男の人が回りにいては話しかけづらいですし「ゆかりんがこんなところにいるわけない!」とも思ってしまったので話しかけられませんでした・・・(´・ω・`)ショボーン

ゆかりんと思われる人がエレベーターで下の階へ行った後、自分はそんなゆかりんを尻目にご飯の上に極上の海の幸が乗ったものをたらふくいただくのでした。

で、上映時間になってゆかりんの誕生日を会場全員の誕生日の歌で祝った後、いよいよトークショーの始まりです。出演されたのは鶴巻監督、ゆかりん、キャラデザの貞本さん(今日は地元愛知の自宅から直に来たそうです)、脚本の榎戸さん、プロデューサーの佐藤さんとカメラマンの武田さん、そしてサプライズゲストとしてガイナックス代表取締役の山賀社長が出演されました。それぞれの話で印象に残ったのは鶴巻監督はトップをねらえ2!を製作することになった発端の話やゆかりんを起用した理由。また貞本さんのエヴァをトップのようには長くは付き合いたくないニュアンスの発言や榎戸さんの劇場版Zガンダムを批判できる立場に無い発言などで会場の笑いをとる場面もありました( ´∀`)。また山賀社長はドイツにいたので劇場版が公開されることを知らず興行が悪いんじゃないかとビクビクしていたそうです。(うーんOVAあんまし売れてないのかな?)ゆかりんはいつものペースで話されていましたが、話していることは本当に真剣で真面目な内容でした。大腸炎を患って活動休止していたゆかりんにとって復帰の機会となった大仕事のトップをねらえ2!。そんな調子の悪かったゆかりんに馬鹿になるくらい真剣になることのすばらしさを与えた作品であるトップをねらえ2!は本当に良い作品だと思います。(うーん同じようなことを中学の時の熱血系の先生が言っていたなあ(´∀`))

上演内容の感想としてはあまり内容には触れませんか自分としてはトップをねらえ2!はAT-Xの放送で全話見ていたのですがトップをねらえ!はリアル世代でも見たこともなかったのでかなり新しい感覚の作品だと感じました。(本当は古臭いのだと思いますが)ですので、「あー、だからトップ2はこうなんだなあ」というのが随所にあったと思います。会場設備は名古屋が一番いいらしいのですが、おそらくプレーヤーはこれを使っているのではないかと思われ合体劇場版のDVDをアプコンしたものだと思われます。また音響はミリオン1がミリオンの独自システムのミリオン・ナチュラル・サウンド・システムでミリオン2が通常のドルビー・デジタル・サラウンドEXでした。ゆかりんは日高のり子さんの叫びを必死に練習していましたが(ダイバスターWeb ラジオトップレスより)やっぱり日高さんはすごいと思いました。自分はミリオン1で見ていたが(聞いていたが)

ノリコの叫び=ノノの叫び+ラルクの叫び

くらいのインパクトがありました。

メインで出ている声優以外ではトップをねらえ!の方でサブキャラクターで案外声優が豪華だったのが印象的でした。トップをねらえ!は主要キャラクター以外はほとんどが新しい声優なんだな(´・∀・`)。目立ったのは牧野由衣さん。彼女のキャラクターはいいとこ取りでした。また、なぜか浅野真澄さんも。ヽ(`Д´)ノナンダヨー(あんまししゃべってなかったけどね)そして植田佳奈さん。やっぱ佳奈様のオペ子は最高でした。

とまあこんな感じのトップをねらえ!&トップをねらえ2!合体劇場版でした。(450分間座り続けはきつい・・・)

さてこの記事のタイトルに注目ですが「レポート1?????」ひょっとして「2」があるのか?・・・て思った人、正解ですw 予告ですが記事のカテゴリーにもあるようにゲームの話題です。何をレポするのかというと

Nec_0018_1

の改札口をくぐって電車に乗ってあるところに行けば体験できるものです。ネット上では既にこれとかあれとかそれとかこんなものの話題もでておりますので今からwktkしております。1週間が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォッチ!声優板の管理人は出川並の脳

http://c-news.jp/c-web/ShowArticle.do?did=01&aid=00008169

このアンケート結果を見ていただきたい。
これを正しく分析するならば、Wiiの購入に前向きなのは全体の1割でしかないのだ。
発売から三ヶ月以内に購入を考えていない圧倒的多数派の回答者は
Wiiスポーツやワリオといったローンチタイトルにまったく魅力を感じておらず
発売から三ヶ月以上経過しWiiを活かしたタイトルが出たらという妄想の期待値で回答しているに過ぎない。
つまり、WiiでもNDSの脳トレのような奇跡がなければ購入しないのである。
また、発売後一ヶ月以内に買うのは新しいハードが出たらとりあえず試してみたいイノベーターと呼ばれる層であり
商品の良し悪しは考えずに買うマニア層であり、試して飽きればすぐに手放してしまうのだ。
よって全回答者に占めるWii支持層はあまりにも少ないということがはっきりと明らかになった。

これは某掲示板のアンチWii(出川)の書き込みである。C-newsが一見Wiiを買おうとしている人が多そうな記事を書いているが見ればわかるが明らかにWiiを買おうとしている人間が少ない。ちなみにC-newsは過去にもニンテンドーDSとPSPでどちらを買いたいかという調査をしているが明らかにPSPの方が多い結果を出しており、実際の世論とかけ離れた結果を出している。そしてその調査がアンチ任天堂、アンチWiiの格好のエサとなっている。

話は変わってガラスの艦隊 疾風のクレイディオでの話だが植田佳奈がこの第14回目の放送で釘宮理恵を酷くけなしまくっているという展開になっているらしい。そしてその記事が「ウォッチ!声優板」に載っている。実際の放送では「早死にしそうな声優」「もてなさそうな声優」「英語がからっきしだめそうな声優」「学校での成績が悪そうな声優」とはまるっきり逆の牌を選んで結果的にそのような声優を選んでしまった形となってしまったのである。実際の御両名は「Webラジオ マリア様がみてる」の第15回を聞いてもらえれば仲が良いことがわかるが、まさにC-newsがWiiが欲しい人を調査して結果的にWiiなんていらない人が多かった結果と同じようなことになっている。そして今回の出来事において「出川」になっているのは「ウォッチ!声優板」の管理人であり2ちゃんねる声優板の御両名のスレで暴れている人たちである。

「ウォッチ!声優板」の管理人は「まこなこ」の管理人とも言った方がいいかもしれない。「まこなこ」とはゲーム系のブログサイトでるがここの管理人の嫌な趣味として任天堂信者を煽ってブログのヒット数やアフィリエイトを稼いでもらうという特徴がある。特徴的な記事としてはこのWiiPS3XBOX360の記事である。はっきり言って完全に読者を馬鹿にしていると言っていいだろう。

「ウォッチ!声優板」の管理人がアンチ植田佳奈なのか、アフィリエイトやヒット数を稼ぎたいのかは知らないがこのような煽りや釣りのような情報操作には毅然とした態度で引っかからないようにしたいものである。また2ちゃんねるには「ウォッチ!声優板」のアドレスを貼る事はできない仕組みになっており、2ちゃんねる声優板のヲチサイトなのに2ちゃんねるから追放されていることからも「ウォッチ!声優板」がどういうサイトかはおのずと理解できるだろう。

パソコンは。
嘘つかないからいいね。

ネットは嘘や悪口だらけだけど。

その通りです、田村さん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiiに最も適した映像出力は?

次世代ゲーム機の中で唯一HD出力ができないWii。PS3やXBOX360はHD出力ができるので問題ないですがWiiは最高解像度でも525p(D2)止まり。そんなWiiの最も適した映像出力は何か考えてみました。

WiiでD2を出すとなると考えられるのはコンポーネントケーブルかD端子ケーブル。この二つの違いは無いにしてもHDへアップスケーリングしたらどうなるかを比べてみますた。Wiiはまだ発売されて無いのでWiiの画面に一番近いであろうGCのバイオハザード4を使いました。

D2入力

Nec_0018 Nec_0019

HDアップスケーリング

Nec_0020 Nec_0021

テレビはAQUOS LC-26GH、アップスケーリングにはRD-X6をD1入力して使いました。撮影はN902iX HIGH-SPEEDです。

やっぱりアップスケーリングした方はボケた気がするのですがどうなんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地方の各アニメ番組のアスペクト比について

2006年秋改編もさまざまな新作アニメ番組が始まりましたが、そんな各アニメ番組のアスペクト比の放送方式はまちまちです。とりあえずややこしいのでまとめてみますた(`・ω・´)

NHK・WOWOW

NHKはアスペクト比16:9のアニメは全て720p以上(以下1280×720画素以上のコンポーネントマスターのアニメをこのように呼ぶとする)である。NHK総合、BS-hi、WOWOW(スクランブル枠)はHD送信で4:3アニメに関しては4:3識別信号あり。NHK教育はマルチ編成をしない場合はNHK総合、BS-hiと変わらないがマルチ編成をする場合はSD信号にダウンコンバートしての送信となる。ただし4:3や16:9の識別信号がある。WOWOW(ノンスクランブル枠)も16:9の識別信号がある上でSD信号で送信される(すべて720pで製作されているかは不明)。WOWOW(ノンスクランブル枠)で4:3製作のアニメにも4:3識別信号が乗る。

テレビ愛知

16:9製作のアニメがフルワイドで放送される条件はテレビ東京製作アニメであることと、720p以上のアニメの場合である。720p以上で納品した実績のあるアニメ製作スタジオはバンダイビジュアル関連(サテライト、スタジオディーン、ビートレイン)のみである。また朝・夕方枠はテレビ東京同時ネットなので720p以上は関係なくテレビ東京に沿った形でフルワイドになる。4:3製作のアニメには4:3識別信号は無い。

CBC

16:9製作アニメがフルワイドで放送された実績が無い。自社製作アニメであってもその場合は超額縁で放送される。TBSで放送されるアニメの場合は4:3にサイドカットしてアスペクト比を変更して放送される。もちろん4:3で放送されるアニメに4:3識別信号は無い。

メ~テレ

テレビ朝日製作の16:9製作のアニメがフルワイドになる。テレビ朝日製作の16:9製作のアニメで超額縁のアニメの前例が無いので720pの判断材料は不明である。しかし自社製作であっても16:9製作のアニメは超額縁である。4:3識別信号は無い。

東海テレビ

16:9製作アニメでフジテレビ製作以外は全て超額縁。フジテレビ製作は番組によって変わる。「ワンピース」は4:3にサイドカットのアスペクト比変更されて、ノイタミナ枠や同時ネットの夕方アニメはHDのまま送信される。4:3識別信号は無し。

中京テレビ

基本的に日本テレビに同じ。16:9製作アニメでフルワイドの場合はEPGにHVマークが表示される。4:3識別は無し。

BS-i・BS朝日

16:9製作アニメはフルワイドで4:3製作アニメには4:3識別信号が付く。BS-iではTBSやCBCなどの地上波で4:3にアスペクト比変更されたものが16:9のフルワイドで放送される。ただし画質は悪い。

BS日テレ・BSJAPAN・BSフジ

16:9製作アニメはフルワイドで4:3製作アニメには4:3識別信号は付かない。BSJAPANの「ネギま!?」のみ地上波では4:3にアスペクト比変更されBSJAPANでは16:9のフルワイドでの放送という異例の形で放送されている。また「スターシップオペレーターズ」では16:9製作だが地上波もBSJAPANも4:3にアスペクト比変更され放送された。

※ここで言う地上波とその放送局は地上デジタル放送のことでありアナログ放送のことは述べていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »