« レポート2 Nintendo World 2006 その2 | トップページ | レポート2 Nintendo World 2006 その4 »

レポート2 Nintendo World 2006 その3

では改めて・・・

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

アスペクト比:16:9 使用コントローラー:リモコン+ヌンチャク 公式ページ 自己待ち時間:約300分

今回の体験会でのゼルダはダンジョンと釣りを楽しむことができます。自分はダンジョンの方にかかりっきりで釣りはできませんでした(´・ω・`)ショボーン。ダンジョンの最初は時のオカリナでのコキリの森での修練場でやったような剣の練習です。移動はヌンチャクの3Dスティックで動きます。リモコンを軽く振って剣を出して強く振って剣を斬りつけます。Z注目はヌンチャクにあるZトリガーを押します。ヌンチャクを振り回すと回転斬りができますが連続して出すことはできません。

次に弓矢といきたかったのですがなぜかその前に下の水路に落ちてしまいました・・・OTZ

はしごを探して昇った後、説明無しで弓矢を使わなければならない場面に出くわしました。相手は遠くから弓矢を撃ってきたのでこちらも物陰に隠れて弓矢を撃ちます。弓矢はリモコンの方のBトリガーを押したままで弓矢を撃つ体制にして撃ちたい方向にリモコンのポインティングを合わせてAボタンで撃ちます。画面カメラを動かしたい場合はヌンチャク側の3Dスティックで動かします。Bトリガーを離してAボタンを押すと元に戻ります。弓矢のポインティングの精度ですが時のオカリナ、ムジュラの仮面、風のタクトなどではポイント点のちょっと下を撃つ事になっていましたが今回は撃ちたいところの通りに撃ってくれるので改善されたといっていいところでしょう。ただ気になったのは弓矢をBトリガーにセットした後にBトリガーを押してリモコンを画面に向けてもセンサーバーが反応しないのか、弓矢のポインティングが画面に現れないことが何度かありました。リモコンを下の方に向ければ現れましたがどう考えてもセンサーバーの不具合なので改善して欲しい点です。弓矢で敵を倒した後さらに敵が現れて剣で倒した後にブーメランを使う謎解きがありました。時のオカリナからブーメランは出てきましたが今回の操作法はまず、十字キーにセットされているブーメランを十字ボタンを押してBトリガーにセットしてBトリガーを押したままリモコンのポインティングを動かしてヌンチャクのZトリガーで目標を捕捉します。弓矢と同じようにBトリガーをはなしてAボタンを押すと元に戻ることができヌンチャクの3Dスティックでカメラ画面を動かせます。

今までのゼルダだと単に対象物を全部ブーメランで当てるだけで良かったのですがそれだけではダメでした、そこで周りを見回すと・・・したに線みたいな模様が書いてありました。この線に沿ってブーメランを当てないといけなかったのです。

そのあとありました。ヘビィブーツを使う機会が。ヘビィブーツは十字ボタンを押すだけで履けます。それで大ボタンを押した後に磁力の強い板の仕掛けが動き出しその板の下に行ってヘビィブーツを履くとリンクが板に吸い付けられます。その板にくっついてそのまま行って板から離れてさらに奥に行くと扉があり溶岩が流れるところに出ます。弓矢がどうしても敵に当たらないと嘆く人は最終手段として近づいてZトリガーで敵を捕捉して弓矢を撃つことができたのですがここの上の方にいる敵はZ注目できない敵でそれで弓矢を敵が撃ってくるので厄介でした。その敵を無視してあとはボスの部屋までなんとか一直線で向かいました。途中弓矢つかって縄を切って橋をおろす仕掛けや敵が複数出てきましたがハートを集めてなんとか切り抜けました。

ボスを例えると時のオカリナの最終形体のガノンドロフに似ているボスでした。最初に弓矢でボスの顔面めがけて撃った後、目が潰れて前にしか動けなくなったボスを足についてる鎖をつかんでヘビィブーツを装備してその重みでボスを転ばせます。転ばせた後に顔面を斬りつけてダメージを与えます。6発くらいダメージを与えたらボスに勝てます。

あと、釣りですが自分は体験してませんが操作の仕方としては竿をリモコンで投げつけてそのリモコンでエサをおよがせます。ヒットしたらAボタンとBトリガーを押したままにしてヌンチャクをルアーリール代わりにして回します。その間AボタンとBトリガーは押したままでリモコンを前後に倒すことで引く力を弱めたり強めたりできます。

以上がゼルダの伝説 トワイライトプリンセスの体験版の中身ですがGC版と比べるとやってることはあんまり変わらないと思います。やっぱWii版の方がゲームをやっているという感じが出ていますしGC版はグータラなめんどくさがりな人がやるものという感じがあります。体験機は8台しかありませんでしたのでそれが12分のプレイ時間ですから1時間に40人しか体験できませんでした。それでも会場内での人気度は最高でしたのでいかに最近のゲーマーがゼルダのようなゲームを望んでいたということが伺えます。(逆に言えば最近のRPGに飽き飽きしてるということですが)最後に東京・大阪の方々にひとつだけ忠告しますがまず最初にこのゼルダの伝説 トワイライトプリンセスに並んでください。他のゲームの待ち時間なんてたいしたことないですので・・・OTZ

|

« レポート2 Nintendo World 2006 その2 | トップページ | レポート2 Nintendo World 2006 その4 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

詳細なレポートお疲れ様でした。
ところで「ヌンチャクをルアー代わりにして」
とありますが、
これは「リール代わりにして」の間違いではないでしょうか?

投稿: 釣り具 | 2006年11月 4日 (土曜日) 午前 02時45分

>>釣り具さん
その通りです。申し訳ありませんでした。

投稿: EARTH | 2006年11月 4日 (土曜日) 午後 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/12540611

この記事へのトラックバック一覧です: レポート2 Nintendo World 2006 その3:

« レポート2 Nintendo World 2006 その2 | トップページ | レポート2 Nintendo World 2006 その4 »