« DS「FFCCRoF」新キャラクター「ナッシュ」、Wii「ドラゴンクエストソード」新システム「ポインターロックシステム」 | トップページ | FFCCRoFセルキー族ナッシュの動画が公開 »

バンダイナムコグループ社員は全員腹を切って死ぬべきである

なんとも物騒なタイトルであるがこれから述べることは2ちゃんねるの「アンチ任天堂、ナムコの生き残る道は?」スレを元に述べるので信じる信じないは自由。スルーしていただいてもかまわない。但し、これからバンダイナムコグループの商品やサービスを買おうとしている方は絶対に読むことをお勧めしたい。(2ちゃんねるや他の掲示板、ホームページなどで記事が吊るされており、コメント欄が荒らされたため一時的に記事を消去しておりました。

・ナムコのアンチ任天堂の歴史

以前Wiiのサードパーティーを紹介した時にバンダイナムコだけはスルーしたがここではその説明をする位置づけとする。

ナムコは最初、ファミコンに参入していた時ソフトを無制限に出してもよいという優遇措置を受けていた。これはナムコがそのころのゲームセンターの雄だった任天堂などに並ぶ力を持っていたためであるからだ。しかし任天堂はアタリショックのようなゲームソフトの粗製乱用を恐れ、さらにはナムコが「女神転生」や「スーパーチャイニーズ」等よそに作らせたソフトを自社ブランドにし、ライセンス量をピンハネしてたため優遇措置を打ち切ってしまう。

それに対しナムコはライセンス裁判を任天堂に対し起こすが京都地裁に退けられ、海外でもアタリ・テンゲンを隠れ蓑にNOAを訴えるがこちらも失敗する。このようなナムコの行動に対し任天堂の山内・現相談役は「ナムコとは二度と契約するな」とまで言わしめ、ナムコは任天堂への退路を確保しつつ次第にPCエンジンやメガドライブなどの他機種へソフトをシフトしていく。

PSやSSなどのCD-ROMを採用したゲーム機が登場したころ、ナムコはプレイステーションの立ち上げに大いに協力し、ほぼ独占的にソニーにソフトを供給し、その見返りに久多良木・現SCE会長の息子をナムコに入社させるという行動を取る。結果的にPSがハード戦争で勝った事もありナムコはN64に「ファミスタ64」が売れないからと難癖をつけてPSにソフトをさらに供給する。

任天堂はそのようなナムコに対しファミコン時代の優遇措置的な対応やクリエイター同士の現場の努力や比較的ナムコと関係が良かったセガの仲裁によりゲームキューブにナムコのゲームを優先的に出すという最恵国待遇でナムコがゲームキューブソフトを多く開発するという提携を任天堂と行う。クリエイター同士の現場の努力は任天堂側が宮本茂氏がナムコが好きだったことや遠藤雅伸氏とのつながりがあったことやスクウェアと任天堂が和解した時に河津秋敏氏がスクウェア側で任天堂との架け橋をとりもったようにナムコ側にその当時ナムコのコンシューマー部門の常務取締役だった原口洋一氏がいたからである。セガとはセガサターンやメガドライブにナムコがソフトを供給していたことやトライフォースと呼ばれるアーケードとコンシューマーゲーム機の相互換が容易にできる基盤を開発するプロジェクトをこの3社でやることによるものである。

GCでの任天堂とナムコの提携は当初はうまくいくと思われたがその結果は散々なものであった。まずナムコは「スターフォックス」を「エースコンバット」を手がけたチームが作ると言っておきながら実際のソフトのクレジットには「エースコンバット」のチームが作ったという痕跡は無く、ソフトの出来も散々だった。「ソウルキャリバーⅡ」はGC版が世界で一番売れたくせにその続編はPS2でしか出さなかった。「リッジレーサー」で「グランツーリスモ」のようにGCで実際の車を作るとしておきながらその出来は酷く、日本では発売されなかった。また挙句の果てにはGCで独占タイトルと宣言しておりシンフォニックグリーンのGCのハードも任天堂から用意させた「テイルズオブシンフォニア」をPS2に移植させるという恩を仇で返す行為も行われた。それに加え「テイルズオブシンフォニア」に移植に際しては、公式サイトでどうどうとPS2に「テイルズオブシンフォニア」の移植希望の意見を載せたり、GC版の「テイルズオブシンフォニア」にあたかも最初からPS2でも発売するかのようにPS2版の「テイルズオブシンフォニア」にしか無かった技のボイスを入れるなどの行為を行った。また、ナムコのテイルズスタジオの吉積信氏が「(GC版「テイルズオブシンフォニア」発売後に)今新しくボイスをとっています。これが何の意味かわかりますよね」「ゲームキューブ版のテイルズオブシンフォニアは任天堂さんも(シンフォニックグリーンのGCを用意するなど)がんばってくれたが、プレイステーション2版の方が勢いが強かったかな(笑)」と発言するなどGC版の「テイルズオブシンフォニア」を買った人間を馬鹿にする行為や発言を行っている。どのソフトかはわからないが一度任天堂の宮本氏が任天堂と提携を行っているチームが作っているというナムコのソフトの出来具合を見に行った時その開発チームの現場の人間がまさか宮本氏がその現場に来るとは思わずさっさと追い返したという。

ナムコはなぜここまで任天堂ハードに対して真面目に取り組まないのか?それはファミコン時代に優遇ライセンスを取り消された中村雅哉の恨みであると思われる。現場の人間にそれが浸透しているかは微妙だが、少なくとも幹部クラスの人間には「任天堂が栄えるくらいなら死を選ぶ」くらいの理念は持たされているはずである。またナムコの構造も問題である。ナムコがチーム配属制度を希望制にしたため、売れるソフトのチームへの配属しか希望がでず、才能を持った人材が続編や売れるとわかっているタイトルにしか集まらなかったというのは有名である。ナムコの売れ筋といえば「テイルズシリーズ」であり、結局はアニメーション作家や同人作家の集まりでしかなく任天堂を尊敬するようなクリエイターは皆無であったと思われる。

そのようなナムコの粗製乱用はバンダイナムコとなり次世代機になっても変わっていない。それどころか今度はWiiソフトの「縁日の達人」やDSの「美味しんぼ」などで任天堂のサンプルソースをほぼそのまま使った程度のゲームしか作らず、またDSでの新規テイルズ作品とされた「テイルズオブザテンペスト」をテイルズスタジオが作らずバンダイ側の子会社のディンプスに委託してしまうなど相変わらずである。これに対し任天堂の岩田社長は任天堂と関係のあるナムコの外部会社以外はナムコとは技術提供も他社のサードパーティーのソフトの発売日などの情報提供も行わないとされてしまったのである。現在、ナムコの任天堂との架け橋的な役割だった原口洋一氏スクウェアエニックスのモバイル部門のトップにいたり、遠藤雅伸氏抜きでゼビウスのリメイク作品を作ろうとして、版権も持っていた遠藤氏にゼビウスのリメイクソフトの発売を止められたナムコはもはやバンダイを通してでしかナムコは任天堂とコンタクトをとれないでおり、ナムコがWiiでソフトを出すことや「テイルズシリーズ」を任天堂ハードで出すことなどはバンダイ側にしか決められないことになっている。

・Xbox360を巡るバンダイナムコの迷走

Xbox360といえばカプコンが早くから海外でHD作品のゲームが売れていることに目をつけて成功した実績があるがバンダイナムコはXbox360に対しては迷走している状態である。記憶に新しいのは「カルドセプトサーガ」のバグ騒動である。「カルドセプト」自体は大宮ソフトの作品だが「カルドセプトサーガ」はロケットスタジオの作品である。その他のXbox360に予定されていたソフトでも開発中止になった「フレームシティー」やフルプライス分割商法がユーザーの批判をかい、Xbox360でのアニメーション配信の話が立ち消えた「ゼーガペイン」やPS3ロンチソフトをあたかもXbox360専用ソフトとして数字だけ変えた「リッジレーサー6」などGCと同じような酷い有様である。特にかわいそうだなとおもったのが「アイドルマスター」の扱いだ。もともと「アイドルマスター」自体はナムコのアーケード部門の企画であり、そのアーケード部門自体がナムコの中でも窓際族的な扱いしか受けられておらず、バンダイナムコの合併自体もバンダイのアーケード部門が欲しいという思惑とコンシューマー偏重なナムコ上層部に反旗をひるがえしたかったアーケード部門の思惑が一致した結果でもある。そのため「アイドルマスター」自体はナムコの内部では期待されておらず、当初PS3のロンチソフトとして用意された「アイドルマスター」もSCEに「PS3ソフトとして出すには内容が不適切」とされてしまいXbox360用ソフトとして出すことによりナムコの「アイドルマスター」への期待はほぼ無くなってしまった。そんな中で「アイドルマスター」のアニメ化をアーケード部門自身がナムコの力無しでアニメ化するという企画が始まったがどのアニメーションスタジオも「アイドルマスター」をアニメ化したいというところは無く唯一バンダイの関連会社のサンライズが「舞-HiME」プロジェクトの延長線上の企画として声優などを全部変えてロボット物のアニメとしてその企画を受けたのだが、ここまで「アイドルマスター」の世界観を壊してしまうアニメーション作品なってしまうとアニメ誌では「アイマスのような特殊な世界観はロボット物のような大胆な改変が必要」と難癖をつけているが、結局は「アイマスなんて売れねーもんこっちの好き勝手にいじってしまえばいい。だいたい同じグループということでアニメ化企画を受けさせてもらってるんだからだから好き勝手にいじらせるのは当然」と言っているようなものである。ナムコ側もバンダイ側にアニメ版「アイドルマスター」の広告費くらいは払わないと今後一切バンダイナムコのアニメ化企画があった場合にナムコに物事を言う権利が無くなると半ば脅す勢いでナムコに迫ったようでしぶしぶナムコも広告費は払ったようである。しかしこのようなことではバンダイナムコのXbox360用ソフトに期待できない。「カルドセプトサーガ」のバグでは3回もXboxLiveを通じたアップデートを行っておりマイクロソフトから一定の制裁が行われたようで、それによりXbox360用ソフトの予算が削減されたようであり「アイドルマスター」のマルチ化が懸念される一方でバンダイナムコのXbox360ソフトがマルチ化や減る恐れがある。現に「エースコンバット6」は「リッジレーサー」のように後からPS3で「エースコンバット7」が発売されるに決まっていますし、PS3とXbox360のマルチで発売される「ビューティフル塊魂」にいたってはXbox360のみコントローラーではスティックが上下ずれているため違和感があるそうですが「そんなにまっすぐ進みたいか!(ナムコ森脇淳)」と、ユーザーのことなど全く考えていない無責任なことを発言する始末です。このソフトはWiiも選択肢の一つになっていたようだが「Wii版はコントローラーが特殊なためそこをどうクリアーするかが問題」と発言し、結局は作りたくないのに会社に命令されて嫌々作っているようなものです。この他に塊魂はWiiリモコンにある傾きセンサーや加速度センサーに対応した携帯電話のアプリゲーム版のものが出るようです。これは明らかにWiiには意図的に出したくないと言っているようなもので、ナムコは任天堂に関するものはこの世に存在していないと見ているのでしょう。

4/27追記 「アイドルマスター XENOGLOSSIA」東海地区放送中止に関するお詫び

いかにもバンナムらしい発表で見て呆れてしまった。仮に放送されても「超額縁+最遅放送」なので見ないのは明らかだが、まさか名古屋飛ばしをやってくるとは・・・。バンダイナムコグループ社員全員を殺したいくらいの酷い発表である。

・バンダイナムコの今後

バンダイナムコは今年の1/24にセリウスという合弁会社をSCEと共同で設立している。これはバンダイナムコが以前より次世代ゲーム機の中でPS3が最も普及すると考えている表れである。これはナムコの中村雅哉にとって理想的な提携である。中村雅哉がなぜバンダイと合併したのかと問われれば、バンダイから任天堂の力を排除したかったということがその答えである。バンダイはナムコとの合併の少し前、任天堂がバンダイ株式を買い進めているという報道があった。ナムコにすると最初に合併をしたいと考えたのは提携先相手であり任天堂の影響が抜けたスクウェアかエニックスである。しかしスクウェアは盟友のSCEが株式を買い進めており結果的にエニックスと合併してしまったため、ナムコと提携を結んでいたもの同士が合併してしまったためナムコは別の会社に目をつけた。それがセガとバンダイである。セガはハードを擁するほどの実力を持っていた会社であり、SCEが万が一、PSを失敗させてもセガと提携することで任天堂に対抗できるとナムコは考えていた。バンダイはその頃ハード会社であったセガも合併をしたいと思うほどコンテンツが充実している会社である。セガは結果的にバンダイとの合併提携失敗やハード事業撤退などで落ち目であったためナムコはバンダイに賭けた。そんなバンダイが任天堂の手に落ちることは中村雅哉には許せなかったのだろう。バンダイナムコの合併はバンダイがナムコのアーケード部門の欲しかったという思惑と中村雅哉の上記のような思惑が一致して、当時自社の首脳陣が任天堂との提携に傾いていたのを止めるためにもナムコの首脳陣を生贄にしてでもバンダイを任天堂のものにはさせたくなかった中村雅哉の野望が見え隠れする。一方でナムコのコンシューマー部門の人間がアニメーション作家や同人作家の集まりでしかないということも中村雅哉は承知であったのだと思う。そのうえ今の状況を見ていると「ナムコ社員は能無しで常識も無いと文句を言う」バンダイ社員ですらナムコ社員に感化されアニメーション作家や同人作家の集まりとなっているような状態に思える。おそらくそういった任天堂に愛着の無い人間を増やすことが中村雅哉の狙いであるのかもしれない。

そういった任天堂に愛着の無い人間が増えているのはバンダイナムコの経営陣に鵜之澤氏のような人間がいることが証拠である。馬鹿馬鹿しくてURLの先のインタビューの内容には触れないが、なぜこのような発言をするのかといえば鶏之澤氏自体、「交響詩篇エウレカセブン」のプロジェクトにつきっきりで2003年のはじめから去年のはじめまで、ちょうど特にDSが売れる過程等を全く見てこなかったアニメ部門出身の経営トップであり、DSが売れる理由や任天堂が受ける理由などわかるわけが無い人物である。このような人間をトップにすえること自体バンダイナムコがPS3以外認めない路線を進んでいることの現われであると思う。最近、次世代ワールドホビーフェアバンダイナムコなどのホビー商品で押す企業が盛り上がらず任天堂などのテレビゲームに押されているという話があるがこういったアニメーション作家や同人作家の集まりがライト層向け商品や子供向け商品を真面目に開発するわけがないのである。このような人間を経営のトップに持ってくること自体がバンダイナムコの体質がソニーありきで成り立っているのが明白でありWiiユーザーをはじめとする任天堂ハードユーザーやXbox360ユーザーにとっては全く期待できないどころか、寧ろ邪魔な存在であるくらいの会社である。ここまで読んでいただいた方にとっては分かると思うがバンダイナムコグループ社員全員が腹を切って死ぬべきなのは当然でありそれでも足りないくらいである。

むしろ

  

バンダイナムコグループ

  

社員全員には

  

打ち首獄門

  

晒し首による

  

【死罪】を

  

申し渡したい。

|

« DS「FFCCRoF」新キャラクター「ナッシュ」、Wii「ドラゴンクエストソード」新システム「ポインターロックシステム」 | トップページ | FFCCRoFセルキー族ナッシュの動画が公開 »

DS」カテゴリの記事

Wii」カテゴリの記事

「アニメ」カテゴリの記事

「アニラジ」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

「声優」カテゴリの記事