« FFCC、PV追加。Wii版バイオサイトオープン、いたストDS発売日決定など。 | トップページ | 4/11・12に任天堂の商談会開催 »

やっぱりサードソフトが売れないWii、その実態は?

「任天堂ゲーム機向けソフトは任天堂が作ったものしか売れない」

ソフトメーカーからは、こんな“恨み節”ともとれる声が聞こえてくる。

現状任天堂から出ているソフトだけを見てもWiiスポーツが圧倒的に売れていてゼルダの伝説トワイライトプリンセスが売れていない現状から見るとサードパーティーが躊躇するのはわかります。ただ、日本のサードパーティーはWiiスポーツのようなヒット作を作れる力は無いというのも事実です。

では日本の大手サードパーティーがどういう実態なのかを述べていきます。

スクウェア・エニックス

別記事で述べたとおり、野村氏などがいるFF本編を作っているソニーハード派とFFの外伝を作っている河津氏やDQを作っている任天堂ハード派の2つに分かれています。DQはスクエニの外のソフトハウスが作っているのであまりスクエニ社内には影響が無いとして両者の力は均衡しているところだと思います。

鍵はオンラインゲームを作っているチーム

会社の体勢を決める鍵はオンラインゲームを作っているチームだと思います。スクエニがPS2やXBOX360やPCなどで展開するプレイオンラインは会社の収益の1/3以上を占める重要な事業のひとつです。ニンテンドーWi-Fiコネクションはコンシューマーハードの中で最もオンラインの開口が広くプレイオンラインを展開するには大変魅力的です。しかしそのサービスのスタイルはスクエニには受け入れられないとのことです。問題点としては

・プレイオンラインのように中間マージンが無しでサーバー管理などサードパーティーが全て独自にサービス展開をすることができない。

・ハードウェア的にHDDを付けられる装置が無い。

・フレンドコードをはじめとしてニンテンドーWi-Fiコネクションにはサービス展開する制限やプレイする側の制限が多い。

などが挙げられます。これらを解決するためスクエニと任天堂が話し合いをしているとのことですが任天堂がのめる要求とは思えません。場合によってはオンラインに関してはスクエニは任天堂ハードでは展開することなく終わるかもしれません。

4/12 追記、直接相手と通信できるスクエニのWi-Fiコネクション対応ソフトはチョコボと魔法の絵本聖剣HOMいたストDSですがどれもWi-Fi対戦はフレコ必須となっております。まだ任天堂とスクウェアエニックスのネットワークに対する認識の違いが埋められていない表れであると思います。

バンダイナムコ

別記事で述べたいと思います。

カプコン

この会社は最近は海外展開を重視しています。XBOX360用のソフトでワールドワイドでミリオンを達成したソフトやソニー系ハードで展開してかなりの売上を誇るモンスターハンターなどあまり任天堂ハードに頼らなくてもいいように思えます。

ただ、全く任天堂ハードを無視しているというわけではなくDSやWiiの成功を予知できなかったというだけで今年はDSで逆転裁判も出ることですし、カプコンの稲船敬二氏によるとWiiで戦国BASARAバイオハザード以外の未発表の新作も出るとのことです。

コナミ

つい最近PS3やWiiの発表済みの発売予定タイトルが中止になったという動きがありましたがそれは誤報とのことでした。しかしPS3で予定されているタイトルにはマルチ化や発売中止やプラットホームの移行などの噂が絶えません。実際、コナミ内部でもどの次世代機が覇権を握るか見極めていることでしょう。

Wiiに関しては既に発売しているエレビッツを製作したチームが作るアクションアドベンチャーゲームDDRシリーズのソフトなどが近いうちに正式発表されます。また、RPGやスポーツゲームなども用意されているようなので期待が持てます。

セガ

Wiiでバーチャルコンソールにも力を入れており、スクエニやサクセスなどと共にWiiへ供給できるソフトタイトルの制限が無い会社のひとつです。ただ任天堂としてはマルチプラットホーム展開は嫌っているためWiiへ供給するソフトに関しては別の内容のソフトになったりWiiには展開しないなどという事が多いです。Wiiならではの独自のソフトに期待したいです。

以上のように大手サードは大体こんな感じです。現在WiiはPS3の2倍以上売れており、Wiiが次世代据置機での覇権を握ることが確実だと思われます。ただ、それを嫌う抵抗勢力やコアゲーマーがいることも事実です。セガのハードやN64やGCが負けてきた歴史やXBOXやXBOX360の日本の現状などを見ているとゲームシェアで2位以下のゲームハードを許容できない日本市場でいったいコアゲーマーはどこにいくのでしょうか?

4/11追加、メディアクリエイト調べのPS3とWiiのハード発売から4月初週までの販売ソフト本数

|

« FFCC、PV追加。Wii版バイオサイトオープン、いたストDS発売日決定など。 | トップページ | 4/11・12に任天堂の商談会開催 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ようやくコメント欄が!(´Д⊂

かなり遅いけど、あけましてオメデトンうあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ←オソスギ


そもそもwiiスポーツはwiiの特徴を端的に・分かりやすく示して、それを活かしているからこそ売れたのだと思います。
他のソフトを見てみると、「wiiじゃないといけないか?」と思えるようなものばかりですしねぇ(;´Д`)

それに毎度毎度新ゲーム機が出るたびに言われることですが、それ相応のコストを回収できるのかという面で、皆躊躇しているんでしょうねぇ…

そもそも面白い・はっとさせるような斬新な「ネタ(内容)」なんて見ませんしねぇ…
(´-`).。oO(今更ながらメガゾーン23なんかがゲーム化するなんてそれを如実に示していると思いますし)

ま、漏れはPSPのぼくは航空管制官を( ´ー`)y-~~~ マターリ楽しみますよ(´∀`)ハヤクシンサクダシテクレ

投稿: 行!行! | 2007年2月 8日 (木曜日) 午後 10時58分

>行くよタソ
あけましておめでとうございます。(こっちも遅いですが・・・OTZ)
申し訳ありませんが一つ前の記事で米欄に宣伝コメントしてくる輩がいたので伏せておりました。申し訳ありません・・・

投稿: EARTH | 2007年2月15日 (木曜日) 午前 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/13784835

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりサードソフトが売れないWii、その実態は?:

» 本日の脳年齢(H19.2.3) [【Nintendo DS】任天堂DS 脳トレで脳の若返りに挑戦!!]
任天堂もっと脳を鍛えるDS DSトレーニングトレーニング21日目!!旅行に行ったり、お土産を渡しに行ったりでだいぶサボってしまった( [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月曜日) 午前 09時36分

» オンラインゲーム [オンラインゲーム&コミュニティ]
新作のオンラインゲームなどを紹介しています♪ [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月曜日) 午後 05時28分

» ソニーPS3は任天堂に完敗か? [任天堂wii @ ニンテンドーDS]
任天堂は、2月に米国ゲーム機市場では同社のWiiが最も売れたと、 調査会社NPDの調査結果を引き合いに出して語った。 2月の任天堂Wiiの販売台数は33万5000台、これに対してソニーの プレイステーション 3(PS3)は12万7000台売れた。 [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金曜日) 午前 12時03分

« FFCC、PV追加。Wii版バイオサイトオープン、いたストDS発売日決定など。 | トップページ | 4/11・12に任天堂の商談会開催 »