« 2日目ドラクエソードのイベント開始直前まで | トップページ | FFCCRoFマルチプレイレビュー »

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔 声優収録裏話

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔(以下DQS)の出演声優によるトークショウが行われました。開場前、総合案内の女性の方が「ドラゴンクエストソード 仮面の女王とガラスの塔」と作品を紹介しちゃった時はどうなるかと思いました。自分が開場前に見たときは座席の半分くらいしか埋まって無かったです。最終的には8割くらいは埋まってました。客層は中年の女性が結構多かった(´∀`;)ヤッパリダンセイトクサツハイユウハコドモガイルシュフソウニニンキアリマスネ・・・アトキノシタサンノファンチョットジジュウ・・・

司会は総合イベンターの女性の方とDQSのプロデューサー市村龍太郎さんです。ゲストはセティア役の木下あゆ美さんとパウド役の松田賢二さんでそれぞれセティアとパウドの等身大ポップと共に出てきました。まず、市村プロデューサーが三人を選んだ理由から。市村プロデューサーは特撮番組をよく見るようで「三人を選んだのも頭の中に思い浮かべてすぐに三人が思い浮かんだ」とのことです。特撮俳優・女優の方々は特撮番組で映像だけ予め作った後に声を当てるということもやっているため声優みたいな作業もしているそうなのです。それは確かにDQSの声優に合うと思います。

木下さんと松田さんは今日が初対面です。これはゲームにはよくありがちの別収録ということのためです。ただ今日都合により出演できなかったディーン役の小西遼正さんと松田さんはたった30分ちがいだったという入れ違い・・・これには市村プロデューサーもちょっと残念な感じで「今度二人を誘っていっしょに飲みにでも行きたい」とのことでした。松田さんの木下さんに対する第一印象は「顔、ちっちぇ!」木下さんの松田さんに対する第一印象は「声が思ったより大人っぽい」とのことでした。飲みにいくことを誘われた松田さんは酒は飲めないとのことです。ただ「ジンジャエールでは酔うことが出来る(?)」とのことでした(´∀`;)。小西さんはちょくちょく市村プロデューサーと飲みに行くそうです。

さてゲームの話に突入しますが木下さんのセティアに対する印象は「童顔で(本人も)歳の割にはしっかりしている。でもえらそうな口調で兄のことを言われると弱い(ってことはブラコン?)」とのことでした。セティアのゴスロリ衣装については「悪魔みたい」とのこと。「僧侶(ということとして演じるのは)というのは忘れた」とのことでした。市村プロデューサー曰く、セティアはツンデレで僧侶らしくないセティアを演じることについてはそれも計算通りで「今回のDQSはキャラクターも世界観も全て常識破りなはっちゃけたものにしたいからこのようなセティアになった」とのことでした。

松田さんのパウドに対する印象はあまりネタバレになることが多く、いえないことが多く、どう言っていいのか困っているようでした。ただ女王とは何か関係があるようです。司会の女性の方がキーパーソンなんですかと尋ねても、まずキーパーソンという言葉の意味が分からない・・・と市村プロデューサーに言われる始末でした(´∀`)。女好きに関しては役柄に関係なく演じたとのことw

ここでパウドのある特徴のあることが紹介されるのですが、それは後述することにします。

小西さんのディーンの印象はビデオで小西さんはディーンがマザコンであることや国の情報が自分のところには届かないことから、なぜか自分が女王のもらい子でないかと思ってしまうことなどかなりのマザコンであることを強調していました。

ここで本邦初公開の主人公以外のキャラクター同士がイベントで喋るという映像を公開しました。テキストは表示されていませんでしたが主人公以外のキャラ同士が喋ってるとちょっと新鮮な感じがしました。

声優の方々には最初の収録日まで仕事がドラクエであることは知られなかったようです。しかし松田さん曰く「ある程度分かってたんですけど(笑)」とのことでした。

木下さんがザンキさんのおしりを見た話の詳細を知りたかったのですがそれは話してもらえず・・・

さてパウドのある特徴ですが、それがここで明らかになります。これも本邦初公開の映像だったのですが、画面は真っ暗なところでどうやら主人公が眠っているのですが、このパウドって親、イオナズンで自分の息子を起こしやがるw イオナズンですよ、イオナズンw しかもこのパウドって親は相当の親馬鹿のようで、自分の息子をかなりかわいがっているようです・・・そういったこともあってか松田さんはイオナズンをかなり気に入っているらしいです。イオナズンといえばパウドが「よっしゃ!イオナズン」と言ってる映像が記憶に新しいですが松田さんはイオナズンの言い方にも気を使っているらしいです(デモソレジャアチュウゴクゴダヨ)。ここで松田さんが暴走しだしてイオナズンと唱えて呪文のSEが流れる演出が流れます。しかしべホイミやライデインと唱えるとSEは流れず、市村プロデューサーに「それは無い」と突っ込まれますw さらに松田さんは暴走しイオナズンといいまくり、だんだんとSEがついていけなくなったりw イオナズン自重!市村プロデューサー曰く、松田さんのイオナズン好きは酷く、雑誌でDQSの収録の感想なんかを聞かれても「んー、イオナズンでしたー」なんて答えが松田さんから出てしまうとか・・・(ヨクワカリマセン)。

セティアにも少し変わった特徴があります。セティアは主人公の名前を勝手に呼んでしまうのです。主人公の名前はもちろん自由に入力できますがセティアには決まった名前でしか呼んでもらえないようです。(それは自分の名前が呼べない仕様上の問題か?ただセティアに自分の名前呼んでもらいたいってことになるとまた別のゲームになるな・・・)セティアが考え出す主人公の名前はエッヂ、アレン、ジャック、カルロス・・・です。で、このカルロスって名前で木下さんは何回もNG出したそうです。でも、市村プロデューサーはここで何回もカルロスって木下さんに言わせます。(もしかして市村プロデューサーは木下さんを調教してませんか?)ただ、市村プロデューサーは木下さんの声を聞いて「癒されるー」とのことなので癒されたいだけなのかもしれません。カルロス以外にもセティアは名前を考えるようで、これはDQ5の子供キラーパンサーに名前を付けていく主人公の幼馴染のビアンカ以上の逸材だと思います。命名神のマリナンが黙ってはいないと思うのですが・・・

ここで堀井雄二氏の話題になります。アフレコ現場で堀井氏と声優の方々が写っている画像が表示されます。堀井氏はそれぞれの現場で実際に演技指導を行ったり、もし、声がストーリーに合っていなかったらその現場でシナリオのリテイクを行ったりすることもしました。堀井さんの印象は映像も何もない状態での収録で木下さんは「声にゲームを合わせてく」という力強いことを言ってもらったとか、松田さんはすぐ隣に堀井氏がいてびっくりしたそうです。そんなこんなでアフレコも一発でOKしてくれることが多かったようです。

最後に声優の方々から挨拶がありました。木下さんは今DQMJにはまっているそうで、会場に展示してあるDQSももちろんやってかなりおもしろかったとのことです。松田さんは昔、漫画家志望だったそうで鳥山先生のキャラクターに声を入れられることに感激したそうです。

ただ、ここで市村プロデューサーに「(突然、漫画家志望だった自分の個人的な感想を言っちゃう)空気の読めない松田さん」と言われて、松田さんがまたイオナズンを唱えます。SEは間に合いましたが会場はしらけ気味。流石にくどかったようですw そこで松田さんはピンクタイフーン(どうやらセティアの使う呪文のようです)という呪文も唱えます。もちろんSEさえなく、みんなから突っ込まれました・・・

今日の木下さんの服装はどこかセティアに似ていると司会の女性の方が指摘しましたが確かにセティアを意識してコーディネートしたそうです。普段は着ないとか・・・ここで会場でセティアと主人公のコスプレをした二人組みにカメラが何故か向けられます(一応客も写せるのか・・・)。市村プロデューサーは「アレを来てこれば良かったのに」と言いますが、すかさず松田さんが「このエロデューサーが!」と発言w

松田さんと木下さんのDQSの腕は松田さんはヘタクソですが、木下さんは上手らしいです。

最後に市村プロデューサーからの挨拶でセティアの「やっちゃいなさいよ!」っていう言葉が今年はブームになるとか、「松田さんが普通に話せて安心しました」という発言が出たりしました(たしかに松田さんは緊張してたのだろうか挙動不審でしたw)。市村プロデューサーはだんだんと二人の横にあったセティアとパウドに二人が似て見えてくるから不思議とも言ってました。でも松田さんとパウドは似てないです・・・。市村さんはこの他にDQSのグッズとして会場では売られていた勇気の腕輪(14000円はちょっと高い・・・)と発売される予定の王者の剣のネックレスの紹介をしました。

以上でイベントは終了。初公開の映像もいろいろあり満足のゆくイベントでした。

FFCCRoFマルチプレイモードレビューへ)

|

« 2日目ドラクエソードのイベント開始直前まで | トップページ | FFCCRoFマルチプレイレビュー »

Wii」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/15062214

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔 声優収録裏話:

« 2日目ドラクエソードのイベント開始直前まで | トップページ | FFCCRoFマルチプレイレビュー »