« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

デジタルラジオが2011年以降は聞けなくなる?

AV Watch

今、使ってるデジタルラジオ端末はVHF帯の188~192MHzにしか対応していない端末があるようです。それによって実用化試験放送が終了する2011年以降はデジタルラジオを買い換えないといけなくなりそうです。結局地上デジタルラジオもBSデジタルラジオと同じ運命をたどってしまいそうです。

関連:

コンテンツ提供者が決して見ようとしない現実との乖離

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月から始る東海地方のアニメ新番組について

まだ上半期のアニメが全部見きれてないのにもう下半期ですか・・・OTZ

Iup403741

7/3 26:43~ CODE-E (メ~テレ全国最速・16:9製作・HD)

7/3 26:58~ ケンコー全裸系水泳部 ウミショー (テレビ愛知・16:9製作・HD額縁)

7/3 28:28~ ドージンワーク (テレビ愛知先行/AT-X・16:9製作・【テレビ愛知】HD【AT-X】SDレターボックス)

7/4 27:28~ School Days (テレビ愛知先行/AT-X・16:9製作・【テレビ愛知】HD額縁【AT-X】SDレターボックス)

7/5 24:00~ ムシウタ (WOWOW・16:9製作・16:9識別信号入りSD)

7/5 25:28~ スカイガールズ (テレビ愛知全国最速・16:9製作・HD額縁)

7/5 27:40~(定時は27:25~) ななついろ★ドロップス (CBC・4:3製作・16:9アスペクト比率変更HD額縁)

7/5 27:50~(定時は27:27~) ひぐらしのなく頃に解 (東海テレビ全国最速/AT-X・16:9製作・【東海テレビ】HD額縁【AT-X】SDレターボックス)

7/6 11:30~ はぴはぴクローバー (キッズステーション先行/テレビ愛知・16:9製作・【キッズステーション】SDレターボックス【テレビ愛知】HD)

7/9 26:13~ さよなら絶望先生 (テレビ愛知先行/キッズステーション・16:9製作・【テレビ愛知】HD【キッズステーション】SDレターボックス)

7/11 27:08~ ぽてまよ (メ~テレ・16:9製作・HD)

7/12 25:58~ ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ (テレビ愛知先行/キッズステーション・16:9製作・【テレビ愛知】HD【キッズステーション】SDレターボックス)

7/13 25:28~(7/6 26:13~ もえたん特番) もえたん (テレビ愛知・HV製作・HD)

7/17 25:39~ BUZZER BEATER (中京テレビ・16:9製作・HD額縁)

7/19 23:30~(7/1 23:30~ シグルイ特別版 見れる、見れるのだ!) シグルイ (WOWOWスクランブル・HV製作・HD)

7/19 26:05~ モノノ怪 (東海テレビ・16:9製作・HD)

7/26 24:30~ バッカーノ! (WOWOW・16:9製作・16:9識別信号入りSD)

7/27 23:00~ 東京魔人學園剣風帖 龍龍 第弐幕 (アニマックス・16:9製作・SDレターボックス)

7月未定 スポンジ・ボブ (NHK教育)

8/1 8:00~ ぽこよ POCOYO 第3シーズン (WOWOWスクランブル・4:3製作・HDサイドカット)

9月未定 MOONLIGHT MILE 2ndシーズン -Touch down- (WOWOWスクランブル・HV製作・HD)

夏未定 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ (衛星局・16:9製作・HD)

※今後随時更新していきます。情報は変わる可能性があります。

※地上波・BS・110度CS・ネット配信のレギュラー番組のみ掲載。

※放送局が2つ以上ある場合は特に記述が無い場合、先に放送される放送局の時間を掲載。

※全てワイドテレビで見た場合の時です。4:3テレビの場合、サイドカットは額縁に、スクイーズHVは上下に黒帯が入るレターボックスに、4:3製作で識別信号入りのものはフル画面に、額縁はさらにその画面がレターボックスの状態になって超額縁になります。また識別信号に関しては今後変ることもあります。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

FFCCRoFのイメージソングはaikoさん!

ファミ通.com

スクエニメンバーズFFCCRoF特設ページ

GC版では加藤登紀子さんの娘さんのYaeさんが主題歌やナレーションをしていましたが、今回はaikoさんがFFCCRoFのイメージソングを歌うようです。「コラボレーション・プロジェクト”aiko meets FFCC”」とうたっているのでTCBの収録主題歌もaikoさんかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

FFCCRoF同梱!ニンテンドーDSLite Gemini Edition発売決定!

ゲーマガ速報!

予想はしていましたがやはり出てしまいましたw FFCCRoFのソフトが同梱された限定品の「Gemini Edition」のニンテンドーDSLiteのセット商品。自分は既にFF3DS同梱のDSLiteを持っていますが・・・ええ、どんな手を使っても買いますとも、Gemini Editionを!たとえ色がFF3DSverと同じであっても絶対手に入れたいところです。・゚・(ノД`)・゚・。

追記 スクエニe-STOREで予約が開始されました!もちろん自分は予約済みです!スクエニメンバーズならば誰でも予約できるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

双子たちの母親アーチェスについて

週刊少年ジャンプやVジャンプでは双子達の母親のアーチェスについての紹介記事が載せられ、そのビジュアルも初公開されています。アーチェスは昔、レベナ・テ・ラの王宮の神殿に仕えていた巫女であり、クリスタルの力を持っていたそうです。そして、チェリンカがその力を受け継いだというわけですが、チェリンカが既に持っているクリスタルはチェリンカが生まれた時に既に持っていた物だというのです(´∀`;)ソンナコトガアリエルノデショウカ・・・

その他にもマルチプレイにおいての遊び方や装備品によってキャラクターのビジュアルが変化することなどが紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンメガシアターの映像について

オープンメガシアターの映像で気になったこと

ファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルベアラー

(文章の日本語がおかしく、意味不明であり、考察が足りない部分や間違った部分があったため、内容・文章構成とも変更いたしました。読んで頂いた方にはまことに申し訳ありません。)

【映像の内容】

・擦弦楽器で優しくアレンジされたファイナルファンタジーのメインテーマ曲(いつもの本編のやつです)を背景にWiiのロゴが出てきた後にエメラルドグリーンのクリスタルが最初に登場します。GC版FFCCやDS版FFCCRoFでもクリスタルの位置づけは物語の重要な部分を占めていましたがこれはどうなるのでしょうか?

・エメラルドグリーンのクリスタルの後、青い大空に飛空挺が飛行をしています。その中にバンダナを頭にまいた飛空挺を運転している空賊っぽい女性リアルキャラクターが一瞬写ります。

・うって変わって金髪のゴーグルのようなメガネを頭にかけた男性リアルキャラクターが中心の映像になり近未来的なステージを駆け回ったり、モンスターと戦う映像も流れます。

というのが流れた映像です。20〜30秒くらいの動画だったので一瞬という感じでした。全てリアルタイムムービーでした。それでWiiの実機で動いているならばすごいものです。Wiiも捨てたモンじゃありません。

【感想・予想】

・FFCCCBの世界観について

FFCCCBは動画から推測するにFFCCの世界観を受け継いだだけのものになると思われます。過去の話だとか未来の話だとかということは無いと思います。FFCCやFFCCRoFでは4種族はデフォルメされていましたがリアルキャラになると思います。キャラクターがリアルになったことでFFCCやFFCCRoFが好きな人がFFCCCBを受け入れるかどうかは不安な部分があると思います。

これはちょうどイヴァリースアライアンスのファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とファイナルファンタジー12(FF12)の関係に似ていると思います。

FFTAではFFCCやFFCCRoFのように人間族、バンガ族、ン・モゥ族、モーグリ族、ヴィエラ族などの種族がいたことが印象に残っています。FF12ではそれらの種族がバンガ族ならば例えばパンネロの育て親のミゲロ、ヴィエラ族ならばフランなどFFTAではデフォルメされていた種族のキャラクターデザインがFF12ではリアルになって登場しています。このようにFF12はFFTAの世界観や設定だけを受け継いでキャラクターのデフォルメは無くなっており、同じ時間軸上の世界というわけでもありません。

このようなことがFFCCやFFCCRoFとFFCCCBの間でも起こるのではないでしょうか。河津さんの発言から「FFCCをFFのスタンダードにする」という発言を聞くことがありますが、FFのスタンダードとはFF本編のことです。そして河津さんにとってそれは自分がエグゼクティブプロデューサーを務めたFF12(正しくはFF12は松野さんの作品ですが)です。ですのでFFTAとFF12で起こったことはFFCCやFFCCRoFとFFCCCBで起るということは十分に考えられます。

そういった理由で自分はFFCCCBの映像はFF12っぽいと感じられ、バンダナを頭にまいた飛空挺を運転している空賊っぽい女性リアルキャラクターはセルキー族で、金髪のゴーグルのようなメガネを頭にかけた男性リアルキャラクターはクラヴァット族と考えられるのです。

E3時のものとの映像比較について

E3のものは良くも悪くもGC版FFCCの延長で、キャラバン隊らしいものがあり、飛空挺はありましたが、少し古典的であり、暖かい感じがありました。リルティ族やユーク族もいることが確認され、クラヴァットらしきキャラクターはデフォルメされたものでした。

対して今回のものはGC版FFCCの延長ではなく、世界観を受け継いだと思われるだけで、キャラバン隊は無く、飛空挺は少し親しみの持てるものになった代わりに、世界観は近未来的で明るいものになったと思います。リルティ族やユーク族の存在は確認できず、クラヴァット族やセルキー族はリアルキャラになったと思います。

・ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスとの比較について

ムービーだけでは比較することはできませんのでわからないというのが正直なところです。ゼルダは難解なギミックを解くことの快感こそ、そのゲームの面白さだと思うので比較するのは無理です。ただFFCCRoFではギミックを解くことが結構重要になっているので、ゼルダに近いものになっているという可能性があるのかもしれません。また、WiiというハードでRPGを出す以上、ゼルダというソフトを無視することは出来ないのかもしれません。

ファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイトー(映像)

出た映像はプリレンダムービーがゲーム中に流れ、プロモーションなんかもそれがメインになると思いましたが、宣伝イメージはステンドグラスで行くのだと思いました。赤い月をバックにする重要敵キャラクターらしい化け物はバテンカイトスに出てきたあるキャラクターを思い出します。

最後に女性の声で「あなたがのぞめばそれが世界の真実になる」という台詞が・・・もしかしてお母さん?

ファイナルファンタジー4DS

全体的にセシルが苦悩している映像です。ムービーが入るのはわかりますが主題歌と声は入れられるのでしょうか?発売は2007年です。

ドラゴンクエストモンスターバトルロードは暗黒神ラプソーンが活躍?している映像が印象に残りました。そしてロトシリーズの主人公も出ます。但し1は剣神ドラゴンクエストの主人公、2もSFC版主人公、3もSFC版主人公のリアル路線のようです。稼動は6月下旬から始まるとのことです。

2日間を通してオープンメガシアターを見ている客の特徴はDQ9以外の反応が薄いことです。FF13シリーズもクローズドシアターの人気があった割にはオープンメガシアターでその告知が流れても、あまりお客さんの反応はありませんでした。DQ9への反応や反響は結構ありました。

驚いたことはDQSのイベント開始前にFFCCCBの映像が流れたのですがその時の反応が結構あったことです。DQSのイベント参加者自体は少ないですがDQS購入予定者がFFCCCBを2本目のWiiソフトに考えていることが分かります。任天堂がDS本体の同時購入ソフトにタッチジェネレーションのソフトを買った人が2本目のDSソフトを買う確率が高いことを述べたことがありましたがスクエニのWii用ソフトでも同じようなことが起こるかもしれません。

追記 チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

スクエニパーティーでは映像の一番最初の方で流されたものだったため、自分は見ることが出来ませんでしたので、記事では触れることが出来ませんでしたが、6月12日の今日、スクエニメンバーズ限定でオープンメガシアターの映像が公開されました。

スクエニメンバーズ チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 トレーラー

見た感想は普通に不思議のダンジョンっぽいゲームで安心した反面、Wiiならではの面白さはどういったものになるんだろうという疑問と、「時」をテーマにしていたり、「時計台」が出てくることからゼルダの伝説ムジュラの仮面みたいなストーリー展開になるのかな?という期待と、謎の女鍛冶屋のキャラクターがFFCCのセルキーに似ているなということです。発売が待ち遠しいです。

その他のソフトへ)

| | トラックバック (7)

FFCCRoF コルカ王の娘テテオと主人公達の母親、アーチェスとの関係は?

※お姫様の名前を間違えていました、申し訳ございません。

6月4日発売の週刊少年ジャンプによるとFFCCRoFの記事でコルカ王の娘、つまりレベナ・テ・ラのお姫様であるテテオ姫の紹介記事が載っているようです。実はこのお姫様、一回既出の記事で出てきたことがあるのですが・・・

これの左下の画像です。

まさかコルカ王の娘さんとは思いませんでした。しかしジャンプの記事の画像によるとテテオ姫はチェリンカと同じくクリスタルの力を持ち、なおかつ凄く気になるのは双子の母親の名前である「アーチェス」という名をつぶやきながら、紅いクリスタルに包まれていること。謎が謎を呼びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月発売のWiiソフトが品薄確実な件について

バイオハザード4 Wii editionが初日3万本という健闘を見せて、品薄とはいかないもののなかなかの売上を見せたWiiソフト。初動でも5~6万本は売り上げそうで、10万本越えも射程圏内に入りそうである。

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔(Amazon)

現在は予約が再開されたが一時、予約中止状態となり発売1ヶ月以上前にまさかの品切れかと思われたがまだまだ初日販売分が残っているようなので一安心といったところ。しかしヨドバシドットコムソフマップでは発売1ヶ月以上前なのに予約の段階で品切れをおこしており、今後が不安である。

この原因は初回出荷数が極端に少ないところに原因がある。DQSの初回出荷は25万本とドラクエにしては恐ろしく少ない。品薄確実なのは当たり前のことである。既にWiiは200万台以上普及しており、ゲームキューブの半分以上の普及台数を誇る。過去にPS2でFFが初めて出たとき(FF10)初動は175万本を記録した。その時のPS2の普及台数は550万台前後であり、Wiiはその半分以上は確実に7月には達成しているだろう。つまり初動で175万本の半分である85万本前後は売れる可能性があり、初回出荷25万本という数字はかなり少ない数字だと言える。スクウェアエニックスと任天堂には是非考え直してもらい、最低初回出荷は50万本以上出荷できるようにして欲しい。(ネットショップでの予約・販売情報

なお自分はスクエニe-STOREで予約済みであり、あとは発売日を待つのみ。

実況パワフルプロ野球Wii (Amazon)

こちらはDQSとは違い、まだどのサイトでも予約ができる。しかし多くの量販店やゲームショップではPS2のパワプロ14を多く仕入れる予定であり、パワプロWiiに関してはパワプロ14の十分の一しか仕入れないところもある始末のため確実にパワプロWiiは品薄になるだろう。またコナミスタイルの販売ランキングでもWii版がPS2版を逆転しており、こちらも全国の小売店や問屋の方々やコナミにはWii版を多く出荷・仕入れることをお勧めしたい。

なお自分はコナミスタイルの特典つきの商品を予約済みであり、あとは発売日を(ry(´∀`)

機動戦士ガンダム MS戦線0079 特典 メモリアルディスク付き (Amazon)

DQSやパワプロWiiと違い、品薄の心配が無いのがこのソフト。しかしクラニン連動の特典やメモリアルディスクなどの付加価値で7月に集中しているWiiソフトの中でなんとか売れようとしている姿勢は評価できる。FPSということで日本では余り人気の無いジャンルだが、これ以外にもガンダムのゲームがWiiソフトで2本開発中であり、ガンダムファンがWiiと一緒に買うゲームという位置づけをしているようである。ちなみに発売される予定なのはGジェネシリーズソフトとMSがたくさん出てくる対戦ゲームとのこと。

なお、こちらのソフトに関しては自分はどこで買おうか、まだ迷っているところであり、できるだけ安いところで特典がつくものを買いたい(;´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »