« FFCCRoF、双子の声優が判明 | トップページ | FFCCRoF、ちょっとした情報 »

ニンテンドーDSをメインハードにしたテイルズスタジオの迷走

「テイルズ・オブシリーズ 2007年度ラインナップ発表会」が開催

ナムコのテイルズシリーズの新作発表会が行われました。DSに新作を1本、Wiiに新作を1本、PS2とPSPに移植・完全版タイトルを1本ずつ発売するという発表でした。

はっきり言って「恥を知れ!」と言いたくなる発表だったと思います。

テイルズのプロデューサーの吉積氏によると今後のテイルズのメインハードはニンテンドーDSだそうです。しかしニンテンドーDSの前作のテンペストとPSPのレディアントマイソロジーの売上を比べるとPSPのレディアントマイソロジーの売上の方が上です。にも関わらずDSをメインに置いたのは意味が分かりませんし、当然テンペストの開発元はRPGの開発経験の無かったディンプスでしたからしょうがないということもありますが、じゃあなぜ最初からニンテンドーDSでアルファシステム(レディアントマイソロジーを開発したところ)で開発しなかったの?という疑問が残ります。

吉積氏によればニンテンドーDSを選んだ理由は

・深いテーマ制を内包したドラマ
・アニメ、テーマソング、ボイスが彩るサウンドとビジュアル
・独自の戦闘システム、リニアモーションバトル

テイルズオブらしさを十二分に表現できるハードとのこと。

両ハードを比べた場合DSはPSPより容量が少なく、読み込み速度くらいしか利点は無いのに意味が分かりません。タッチペンでテイルズの戦闘システムが良くなるとも思えません。

テイルズの2007年度のテーマは『挑越』(笑)とのことですが、過去の任天堂ハードに行ってきた行為やこれからPS2やPSPでテイルズファンに行おうとしていることも全て挑越するというのでしょうかw

PS2やPSPでテイルズを待ち望んでいたテイルズファンのみなさまにはいい加減ナムコの呪縛から逃れられることを願います。

|

« FFCCRoF、双子の声優が判明 | トップページ | FFCCRoF、ちょっとした情報 »

DS」カテゴリの記事

Wii」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/15826423

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドーDSをメインハードにしたテイルズスタジオの迷走:

« FFCCRoF、双子の声優が判明 | トップページ | FFCCRoF、ちょっとした情報 »