« Wii所有者がWii用ソフトを全く買わなくなってきた | トップページ | 小さな王様と約束の国FFCC新情報を一般ゲームサイトで公開! »

FFCCクリスタルベアラーは2008年内には発売されない?これからのWiiについて

海外大手ゲームサイトIGNの編集記者たちがポットキャストでWiiについてあれこれ語るIGN Wii-K in Review。そこでFFCCクリスタルベアラーとWiiについて興味深いことが語られています。

ポットキャストの内容をまとめたサイト・掲示板

Gonintendo ruliweb neogaf

日本語でこの内容を要約すると

【スクエニ関連】

・FFCCクリスタルベアラーは非常に良い感じのゲーム。Wiiのゲームの中で5本の指に入るほどである。

・FFCCクリスタルベアラーの発売時期は2008年内に発売されることは無い

・剣を振るとき、Wiiリモコンが動くのと同時に直ぐに反応する。

・FFCCクリスタルベアラーにはオンライン要素やマルチプレイの要素は無い。

発売時期が来年以降というのは残念ですがその分かなり質の高いソフトに仕上がりそうです。2009年までは長いですが今年は小さな王様と約束の国FFCCで遊びつくすべきでしょうかw

・スクエニから多くの驚くべきサプライズがある。(Mattの声のトーンは控え目:40分50秒)

MattとはIGNの記者の1人の名前でIGNのWii部門のリーダーです。日本で言うとゲーム雑誌の編集長みたいな位置にいる人でしょうか?奥さんが任天堂の広告代理店に働いてるため情報を横流ししているのでは?という噂もあります。スクウェアエニックスがハードの普及に応じてソフトを投入するのは良く知られていることです(マルガの湖畔:2007年9月24日の日記より)。Wiiは現在500万台の販売台数を超えましたがスクエニが本格的にソフトを投入してくるのはDSでは1000万台あたりだったので、どんどんWiiの普及台数を伸ばしてスクエニの重い腰を上げていって欲しいものです。

【任天堂・Wii関連】

・任天堂から突然のサプライズがある。それはトンネルを抜けた光のようで我々をハッピーにすることは間違いない。

・任天堂にはピクミンかどうぶつの森に期待しているがどうぶつの森の方が可能性が高い。

・マリオカートWiiは発売が少し遅れて北米では2008年第三四半期か第四四半期に発売になるだろう。

・今度のGDCでAAA級の任天堂ソフトの発表がある。

・サード会社はA級タイトルをWiiに投入すれば高い売上を上げることになるだろう。しかしサード会社はWiiのゲームに多額の制作費を投入しないといけない要因が無い事に問題がある。

・Wii用ソフトにはもっと多くの開発支援と販売支援(宣伝支援)が必要である。

・我々が知らない多くのサードソフトがまだ製作途中にある。

日本のWii関連のことで言われているようなことが、こういった海外でも共通認識として言われているんだなとつくづく思います。

なお、GDCとはゲームディベロッパーズカンファレンスのことで2月18~22日にアメリカのサンフランシスコで行われるゲーム開発者のためのゲームイベントで、小さな王様と約束の国FFCCに関するWiiウェアの講演を小さな王様と約束の国FFCCのプロデューサーであるスクウェアエニックスの土田俊郎氏とプログラマーの白石史明氏の講演が予定されています。そこで小さな王様と約束の国FFCCの続報がでるかもしれません。

またIGNのポットキャストの中ではWiiの次世代機についての予想が語られています。英語がわかる人は聞いて見てはどうでしょう?

|

« Wii所有者がWii用ソフトを全く買わなくなってきた | トップページ | 小さな王様と約束の国FFCC新情報を一般ゲームサイトで公開! »

Wii」カテゴリの記事

Wiiウェア」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/17752502

この記事へのトラックバック一覧です: FFCCクリスタルベアラーは2008年内には発売されない?これからのWiiについて:

« Wii所有者がWii用ソフトを全く買わなくなってきた | トップページ | 小さな王様と約束の国FFCC新情報を一般ゲームサイトで公開! »