« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

小さな王様と約束の国FFCC新情報を一般ゲームサイトで公開!

スクエニ、Wiiウェア「小さな王様と約束の国 FFCC」
最新情報を公開。チャイムの酒場とパーティ編成など(ImpressWatch)

冒険者を育て、王国再建の力を手に入れよう! 『小さな王様と約束の国 FFCC』(ジーパラ)

チャイムの酒場は大臣のチャイムが看板娘にもなっている冒険者を集める場所になっています。ルイー●の酒場そのまんまじゃん!まあ同じ会社だから良いのでしょうか・・・(ノ∀`)

冒険者や国民が何を考えているかは国民に付いているアイコンでわかるようです。ナイツでナイトピアの様子を知るのに似てますね・・・(ノ∀`)

武器屋、白魔法学院、黒魔法学校、訓練場への投資で様々なアイテムやアビリティを冒険者が取得できるようになるようです。また投資の他に研究材料が必要になることもあるようです。ここらへんはシミュレーションゲームのやりこみ要素というべきところでしょうか。

上記施設の他には防具屋、商館、道具屋が建築できます。

そして新キャラクターとしてパブロフというキャラクターが紹介されています。何か因縁がありげなペンギンのようです。エピタフに立ち振る舞いが似ているということは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FFCCクリスタルベアラーは2008年内には発売されない?これからのWiiについて

海外大手ゲームサイトIGNの編集記者たちがポットキャストでWiiについてあれこれ語るIGN Wii-K in Review。そこでFFCCクリスタルベアラーとWiiについて興味深いことが語られています。

ポットキャストの内容をまとめたサイト・掲示板

Gonintendo ruliweb neogaf

日本語でこの内容を要約すると

【スクエニ関連】

・FFCCクリスタルベアラーは非常に良い感じのゲーム。Wiiのゲームの中で5本の指に入るほどである。

・FFCCクリスタルベアラーの発売時期は2008年内に発売されることは無い

・剣を振るとき、Wiiリモコンが動くのと同時に直ぐに反応する。

・FFCCクリスタルベアラーにはオンライン要素やマルチプレイの要素は無い。

発売時期が来年以降というのは残念ですがその分かなり質の高いソフトに仕上がりそうです。2009年までは長いですが今年は小さな王様と約束の国FFCCで遊びつくすべきでしょうかw

・スクエニから多くの驚くべきサプライズがある。(Mattの声のトーンは控え目:40分50秒)

MattとはIGNの記者の1人の名前でIGNのWii部門のリーダーです。日本で言うとゲーム雑誌の編集長みたいな位置にいる人でしょうか?奥さんが任天堂の広告代理店に働いてるため情報を横流ししているのでは?という噂もあります。スクウェアエニックスがハードの普及に応じてソフトを投入するのは良く知られていることです(マルガの湖畔:2007年9月24日の日記より)。Wiiは現在500万台の販売台数を超えましたがスクエニが本格的にソフトを投入してくるのはDSでは1000万台あたりだったので、どんどんWiiの普及台数を伸ばしてスクエニの重い腰を上げていって欲しいものです。

【任天堂・Wii関連】

・任天堂から突然のサプライズがある。それはトンネルを抜けた光のようで我々をハッピーにすることは間違いない。

・任天堂にはピクミンかどうぶつの森に期待しているがどうぶつの森の方が可能性が高い。

・マリオカートWiiは発売が少し遅れて北米では2008年第三四半期か第四四半期に発売になるだろう。

・今度のGDCでAAA級の任天堂ソフトの発表がある。

・サード会社はA級タイトルをWiiに投入すれば高い売上を上げることになるだろう。しかしサード会社はWiiのゲームに多額の制作費を投入しないといけない要因が無い事に問題がある。

・Wii用ソフトにはもっと多くの開発支援と販売支援(宣伝支援)が必要である。

・我々が知らない多くのサードソフトがまだ製作途中にある。

日本のWii関連のことで言われているようなことが、こういった海外でも共通認識として言われているんだなとつくづく思います。

なお、GDCとはゲームディベロッパーズカンファレンスのことで2月18~22日にアメリカのサンフランシスコで行われるゲーム開発者のためのゲームイベントで、小さな王様と約束の国FFCCに関するWiiウェアの講演を小さな王様と約束の国FFCCのプロデューサーであるスクウェアエニックスの土田俊郎氏とプログラマーの白石史明氏の講演が予定されています。そこで小さな王様と約束の国FFCCの続報がでるかもしれません。

またIGNのポットキャストの中ではWiiの次世代機についての予想が語られています。英語がわかる人は聞いて見てはどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii所有者がWii用ソフトを全く買わなくなってきた

以前、当ブログでWii用ソフトであるコーエーのオプーナとカプコンの宝島Zは売れないということをはっきり述べましたが、実際その通りとなってしまいました。オプーナの初週売上は僅か3200本でトップ30位以内のランク外、宝島Zは11000本で僅か1週のみでトップ30位以内のランキングから消えてしまいました(エンターブレイン調べ)。オプーナや宝島Zもキャラクターデザインが子供っぽくWiiの一番多いと思われる大人のライト層には受けないタイトルであるにも関わらずあえてこのようなタイトルを発売したコーエーとカプコンは頭が狂っているとしか思えません。

カプコンに関してはそこらへんに気づいたのかモンスターハンター3[tri]をWii向けに発表するなど改善点がみられますがコーエーに関しては任天堂ハード向けには一切従来型の無双シリーズをだすなどの行為をしようとはしません。

週刊アスキー11月13日発売の11/27号の「切込隊長の燃料投下中」のコラムにこんなことが書いてありました

・老舗の大手ソフトメーカーと別の大手ソフトメーカーのソフトが同じ発売日で後者のソフトメーカーのソフトが圧倒的に売れてしまった
・後者のソフトメーカーは過去に様々なメディアを通じて「圧力」をかけた過去があり、あそこのメーカーの仕事は請けるなと言われても仕方ないかもしれない
・前者の老舗のソフトメーカーの関係者に会って話を聞いたところ、そのことで一方的に「うちは負けていない」と言われた
・その前者の老舗のソフトメーカーは大阪に本社のあるソフトメーカーと似ている
・その大阪のソフトメーカーは10年に1度ヒット作が出て社長がゴルフ会員権を買ったかと思えばヒット作に恵まれずソフトの販権を売却してしまうこともしばしばある
・(話を元に戻して)前者の老舗のソフトメーカーは最近、採算取れるかどうかもよくわからないオンラインゲームに手を出したり、世界戦略を掲げながら日本でしか売れないソフトばかり出している
・そういったことが許されてしまうのは老舗だから何かやってくれるんじゃないかという周りの期待のせいだろう

老舗のソフトメーカーはコーエーであることが推測できます。信長の野望onlineや真・三国無双BBなど数々のオンラインゲームに手を出し、猛将伝商法などで乱発する無双シリーズは海外でほとんど売れていないからです。例えば海外でEGMなどのゲーム雑誌を発行している1UPのゲーム情報サイトでは国内で10万本以上売れてXbox360で全然売れなかったPS3のブレイドストームをこのように痛烈に悪評しています。評価は10点満点中の4.8点です。

ブレイドストーム1UPレビュー

「誰か、KOEIには精神科医を呼ぶ必要がある。
Bladestormは大いなるアンデンティティの危機に苦しんでいる。」
「このパブリッシャーの最新の歴史レッスンはアクションとストラテジーだと思われるが
最終的にどちらも全く優れていない」

実際、精神科医を呼んだところでこの会社の首脳陣が直るとは思えませんがw

以上のように多方面から様々に批判されても、「うちは負けていない」といきがるのは何様のつもりなのでしょうか?いい加減正直に「任天堂ハードでは自社ソフトが売れないから今後一切任天堂ハードではソフトを出さない」と決算などの公式の場で言えば良いのにと思います。任天堂が しゃべる!DS料理ナビのタイトル権をコーエーに譲ってしゃべる!DS料理ナビ まるごと帝国ホテルを出しても目立った宣伝もせず任天堂のしゃべる!DS料理ナビ比べる以前に異常に売れない結果となりました。他のコーエーのDSやWiiのソフトについても同じような理由で全く売れていません。

以上のことから、ここまで頑なな姿勢を貫き、自身の立場さえ認識していないとなるとコーエーはアンチ任天堂であるとしか思えません。襟川夫妻を初めとするコーエー社員全員にナムコ社員同様打ち首獄門晒し首による【死罪】を申し渡したいものです。

(12/19追記)

コーエーが「ウイニングポスト7 マキシマム2008」、「信長の野望・革新 with パワーアップキット」、「遙かなる時空の中で4」をPS2とマルチで出すようです。まだWiiでの展開を諦めていないようです。

さて、相変わらずサードソフトは売れないWiiですが任天堂ソフトにもその陰りが見えてきたような気がします。自分も買ったWii用ソフトのスーパーマリオギャラクシーの初週売上は256000本(2008/2/17までの累計は872000本)という結果に終わりました。これはゲームキューブでの同じ3Dのマリオ作品であるスーパーマリオサンシャインの初週売上が280610本であることと比べると非常に元気の無い話であると思います。スーパーマリオギャラクシーが発売された週のWiiの累計ハード売上が約370万台、それに対しスーパーマリオサンシャインが発売された当時のゲームキューブの累計ハード売上が約148万台であることを考えると、ハード普及台数はWiiは倍以上あるのに売上本数はスーパーマリオギャラクシーの方が低いという残念な話であるということが分かります。

(2007/12/19追記)

スーパーマリオギャラクシーがスーパーマリオサンシャインの売上推移を2007年12月16日までの発表の数字で抜いたようです。スーパーマリオギャラクシーが売れていないというのは杞憂だったようです。

(2008/1/9追記)

スーパーマリオギャラクシーがスーパーマリオサンシャインの累計売上を2007年1月6日までの発表の数字で抜いたようです。このままミリオンも狙えそうな勢いです。

写真1 写真2

上の2枚の写真のグラフはサードも含めたWii全体の北米・欧州・日本のWiiのハード売上とソフト売上の比率を円グラフに表したものです。任天堂の決算にも使われたグラフとなっています。ハード売上に関してはやや北米が多いものの3地域がほぼ均衡しています。しかしソフト売上に関しては北米が圧倒的で日本が一番少ないという状態を表しています。また最近の売上である写真2の方はハード売上、ソフト売上とも日本が少ないという現実を突きつけられています。NOA(任天堂オブアメリカ)によるとスーパーマリオギャラクシーも北米では75万本の出荷、初週では50万本以上のセールスを記録し、いかに日本人のWiiユーザーが据置ゲームソフトを買っていないかが浮き彫りとなりました。

『スーパーマリオギャラクシー』米国で初週50万本を突破

このままだと日本のWiiユーザーはソフトを買わないと他地域から馬鹿にされるでしょう。その表れとして例えばアトラスのカドゥケウスZ2つの超執刀の続編であるカドゥケウスニューブラッドは舞台がアメリカに移り、アメリカのユーザーの意見に合わせた形での続編となってしまいました。それは日本での売上が振るわず、海外で好調だったためです。またコナミのエレビッツデューイなどは日本ではまともなプロモは行なわす海外を中心に展開するという方針を取っています。日本で散々な売上だった宝島Zもそのような方針となっています。これは全て日本でこれらのソフトが全くといっていいほど売れなかったためです。

サードがWiiに大作ソフトを出さないからサードは売れないという意見もあるかもしれませんが、そうなるとますますサードはWiiでソフトを出さなくなりWiiユーザーはますますソフトを買わなくなります。どこかでその悪循環を断ち切らねばなりません。

Wiiソフトは年末に発売されるサードソフトだけでも面白い作品がたくさんあります。以前自分が挙げた、これから発売される予定で買う予定のゲームソフトの中でWiiソフトのみ抜き出すと・・・

==============

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ

ザッパー付の限定版エキスパートパッケージの2万数千本は初日でほぼ完売。通常版込みで初週では10万5千本、2008年1月13日までの集計で累計24万2千本売れたそうです。またこれに引きずられる形でWiiザッパーが品薄になっているらしく、Wiiザッパーを同梱したバージョンの出荷が多いセガのゴーストスカッドが11月末までのメディアクリエイトの集計で累計で4万5千本売れるという動きを見せています。

「Wii:バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」初日から品薄に

Rambling Man「大乱闘スマッシュブラザーズXの受注は100万他」

Wii「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」初日約7万本、他

Wii「バイオハザード アンブレラ クロニクルズ」初週10万本突破、他

エキスパートパッケージが来週末に若干出荷されるそうです。手に入れたい人はゲームソフト販売店に問い合わせをしてみてはどうでしょうか?

「Wii:バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ エキスパートパッケージ」再出荷決定

スイングゴルフパンヤ 2ndショット!

DS「レイトン教授と悪魔の箱」初週30万本、「Wii Fit」は2日で25万本、他

DS「レイトン教授と悪魔の箱」PS2「Gジェネ魂」が好スタート、他

前作の初週売上はローンチ(ハードの発売と同時に発売すること)ということもあり12673本、累計で57038本という売上を記録しましたが、今作は初週だけで6500本と前作の売上より半減しています。累計もこのまま伸びないと思われ、テクモはパンヤの据え置きソフト展開を見直す必要があると思います。なおこの記録はサクセスの直販サイトのみで元が取れてしまうDSソフトである降魔霊符伝イヅナ 弐と同じ初週販売の記録です。

NO MORE HEROS

今年も「任天堂ウィーク」に突入、ハード・ソフト共に大躍進、他

DS「テイルズ オブ イノセンス」初日で約7.5万本を販売、他

出荷本数は3万本弱。初日に1万本という記録を見せたものの、結局は初週販売で13000本と少々不安を残す結果となりました。同じグラスホッパーマニファクチャー製作のPS2版とGC版のkiller7初動は11000本であることを考えるとまずは合格点?でしょうか。killer7の国内出荷が12万本であることや海外でかなり売れていることを考えるともっと売れてほしいところです。 読み違えておりました。killer7の国内出荷は正しくは1万2千本です。訂正するとともにお詫び申し上げます。

クリスマス商戦突入でWii関連タイトルが大躍進、他

不調の多い今週新作、トップはPS3「GT5P」で約5万本、他

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

初回出荷9万本のうち、初日は3万本を販売しましたが初週では4.4万本に留まり減速。評判はよいゲームなだけにこの結果には残念です。次の週からは2.3万本以上売れないと数字が出ないので上位30位のランク外に。初回出荷分は売り切ったとのことですが、結局チョコボと魔法の絵本並の売上にしかならなそうです。

ナイツ ~星降る夜の物語~

特にすごい評判が良いゲームというわけではありませんでしたが、チョコボと同規模の9万本を出荷したうち、初日に7千本だったのが意外に伸びて1.7万本の販売を記録しました。次週以降もどんどん伸びてほしいところです。

==============

とかなりの数がありましたが、正直売上はこの中で10万本以上売れているソフトはバイオUCだけです。

現在Wiiには任天堂以外のメーカーで3つのソフトがワールドワイド(世界売上)で100万本以上売上を上げているソフトがあります。それは以下の3つのソフトです。

ラビッツ・パーティー(UBIソフト)

レッドスティール(UBIソフト)

バイオハザード4 Wii edition(カプコン)

この中で2本のソフトでミリオンを達成させているUBIソフトのCEOであるYves Guillemot氏は以下の3つのことを下記のURLの中の記事で述べています。

UBIソフトCEOインタビュー

・これからは任天堂クオリティのゲームを目指す
・Wiiのプロジェクトに現在400-500人の人間が関わっている
・サードは売り上げが任天堂のソフトに集中することに不満を漏らす暇があるなら質の向上に勤しめ

日本のサードの中でUBIソフトのような考えを持つところは現れないのでしょうか?現れないとしたら日本のサードに未来は無いと思います。

唯一日本のメーカーの中でUBIソフトに匹敵する姿勢を持っているのはバイオハザード4 Wii editionを世界的にミリオンの売上を達成させて、モンハン3をWiiで出す予定のカプコンとマーベラスエンターテイメントくらいでしょうか。そのマーベラスエンターテイメントが興味深いコメントを2007年度の中間決算で出しています。

Wii購入者の7割以上が20代以上の大人、男女比は50対50

上記URLの内容をまとめると

・Wiiには子供ユーザーは少ないのでキャラデザが子供向けのソフトを出しても無駄である。

・Wiiには女性のユーザーにも配慮したゲームをださないといけない。

・WiiにはPS2を持っていなかった出戻りユーザーと全くゲームを買ったことが無かった新規ユーザーが半数を占めており、従来型のゲーマーだけに受けるソフトが通用するとは限らない。

・相変わらず任天堂ソフトしかWiiユーザーには買われておらず、サードメーカーがWiiというハードはおろかWiiユーザー自体を馬鹿にしているという現状がある。

以上のことをWiiというハードを所有しているユーザーと任天堂とサードソフトメーカーは肝に命じておくべきです。

これからのWiiの発売予定ソフト

Wii所有者が上記のタイトル一覧で今後Wiiで発売する予定のソフトで、買う予定のタイトルが無かったらWiiを今すぐ手放した方が良いと思います。何の理由も無しにWiiを持っていること程、馬鹿なことは無いと思います。またPS3も発売日が決まっていないゲームソフト目当てでPS3を買うことほど馬鹿なことは無いと思います。こういった意味も無く据置ハードが売れていくことは日本の据置市場のためにならないと思います。WiiやPS3が売れず、日本の据置市場が明らかに元気が無い状態であることを世界中に明白な形でアピールしないと、ゲーム会社は本気で日本の据置市場を盛り上げさせようとはしないからです。ユーザーはどのハードが勝ちハードかばかりを見すぎており、サードパーティーはハードメーカーの顔色ばかり伺っています。このようなことでは日本の据置市場が盛り上がらないのも当然であると思います。近い将来、日本人の希望通りのゲームが据置ゲーム市場に出てこなくなったとしてもそれは日本人の自業自得であると思います。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

スマブラX発売に際しての呆れるゲオの行動

1月24日発売の大乱闘スマッシュブラザーズX。これまで発売されてきたどんなWii用ソフトよりも前評判が高かったこのソフトはどのゲームソフトのネットショップへ行ったとしても既に売り切れになっているソフトである。しかしこのソフト、初回出荷数はなんと60万本しか出荷されないという。

ゲームでバイクでミュージシャン、スマブラ注意報

ゲオの店員と思われる人のブログ

所謂、マリオギャラクシーに対する実績配分という売り方でマリオギャラクシーを多く入荷させた所にしかスマブラXは初回出荷数は多くしないということである。確かにスマブラXのCMは1月24日発売とは銘打っていないし、こういった実績配分はスクウェア・エニックスなどもドラクエなどでやる手段である。こういった売り方に対しては公正取引委員会が排除勧告などを行うなどの前例が無いためゲーム業界では常態化していると言ってもいい。

また今回違うのはゲオに対するスマブラXの扱い方である。ゲオでは一時期、一部の店舗で3,980円でマリオギャラクシーを売っていたことがあった。これはマリオギャラクシーの売り始めの頃の売上が振るわなく、ゲオが任天堂ソフトがたくさん売れる年末まで待つのを我慢できずに値下げに踏み切ってしまったことによる。

何でマリオギャラクシーは売れなかったのでしょうか?

HANGED MAN、マリギャラ買いました

それを受けて今回はゲオはスマブラXの出荷数を絞られているようである。もともとゲオは複合施設(レンタルビデオやCDの販売も行っているゲームショップ)であり、ゲームソフトは中古ゲームソフト中心に展開していたが、PSやPS2の発展とともに新作ゲームソフトをメインに扱うようになっていった。なので中古ゲームソフトを中心に扱い、PS系のソフトメインに展開することになるため、こういったPS系のショップにとっては新作ソフトは早く売れて在庫を残さないソフトの方が都合がよく、任天堂の目指している長く売れ続けるソフトは都合が悪いのである。ゲオの販売方針自体もWiiよりもPS3をメインに売ろうという姿勢を見せており、任天堂にとってはあまり仲が良くない小売勢力がゲオであると言っても良い。

【行く年】GEO(ゲオ)でバイト Part52【来る年】

しかし上の掲示板のスレではゲオの関係者が外買い(ゲオ以外の流通や小売から買うこと)の指示書があることを話しており、もし本当ならゲオは本当に呆れたゲームショップである。

(1月15日追記)

『大乱闘スマッシュブラザーズX』発売日延期、1月31日に

発売日が1月31日に延期となってしまいました。上記のようなゲオの話や初回出荷が60万本では足りなく、このまま発売すれば客を混乱させると判断したのか1週間延期となったようです。できれば初回100万本以上出荷させて我々ユーザーを安心させて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年新春より東海地方で始まるアニメ新番組

Uporg1175015

2008年最初の更新となります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2007/12/12 11:00~ AYAKASHI (AT-X先行/テレビ愛知・16:9製作・【AT-X】SDレターボックス【テレビ愛知】HD)

1/5 18:00~ MAJOR 4th season (NHK教育・HV製作・HD)

1/5 23:00~ PERSONA -trinity soul- (BS11先行/アニマックス/CBC・16:9製作・【BS11】HD【CBC】HD額縁【アニマックス】SDレターボックス)

1/6 19:30~ ポルフィの長い旅 (BSフジ先行/ネット配信[BIGLOBEストリーム]・HV製作・【BSフジ】HD【BIGLOBEストリーム】1M額縁)

1/7 25:35~ みなみけ~おかわり~ (テレビ愛知先行/AT-X・16:9製作・【テレビ愛知】HD【AT-X】SDレターボックス)

1/7 26:05~(絶望少女撰集、BS11 1/4 24:30~) 俗・さよなら絶望先生 (テレビ愛知先行/BS11/キッズステーション・16:9製作・【テレビ愛知・BS11】HD【キッズステーション】SDレターボックス)

1/7 26:35~ ARIA The ORIGINATION (テレビ愛知先行/AT-X・16:9製作・【テレビ愛知】HD【AT-X】SDレターボックス)

1/8 27:28~ 狼と香辛料 (テレビ愛知先行/AT-X・HV製作・【テレビ愛知】HD【AT-X】SDレターボックス)

1/9 25:45~ のらみみ (CBC・HV製作・HD)

1/10 25:43~(定時は25:28~) ロザリオとバンパイア (テレビ愛知・16:9製作・HD)

1/10 27:05~ シゴフミ (三重テレビ先行/BS11/ぎふチャン・16:9製作・【三重テレビ】4:3識別信号入りHD【BS11】HD【ぎふチャン】4:3識別信号入りHD額縁)

1/10 27:35~(true tears こちらチューリップ放送局 出張版、BS11 1/4 23:30~) true tears (東海テレビ先行/BS11/キッズステーション・16:9製作・【東海テレビ・BS11】HD【キッズステーション】SDレターボックス)

1/11 27:15~ 破天荒遊戯 (メ~テレ先行/AT-X・16:9製作・【メ~テレ】HD額縁【AT-X】SDレターボックス)

1/14 17:00~ もえがく★5 (BSフジ・HV製作・HD)

1/14 19:00~ ヤッターマン 新シリーズ (中京テレビ・HV製作・HD)

1/15~ ウエルベールの物語 第二幕 (ネット配信[Gyao]先行/AT-X・16:9製作・【Gyao】1M額縁【AT-X】SDレターボックス)

1/16 27:14~ GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- (中京テレビ・16:9製作・HD)

1/17 26:05~ 墓場鬼太郎 (東海テレビ・HV製作・HD)

2/3 7:00~ 古代王者 恐竜キング Dキッズアドベンチャー 翼竜伝説 (メ~テレ・HV製作・HD)

2/3 8:30~ Yes!プリキュア5 GoGo! (メ~テレ・HV製作・HD)

2/4 26:00~ H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ (BS朝日・16:9製作・HD)

2/24 24:30~ 君が主で執事が俺で (アニマックス・16:9製作・SDレターボックス)

※地上波・BS・110度CS・ネット配信のレギュラー番組のみ掲載。

※放送局が2つ以上ある場合は特に記述が無い場合、先に放送される放送局の時間を掲載。

※全てワイドテレビで見た場合の時です。4:3テレビの場合、サイドカットは額縁に、スクイーズHVは上下に黒帯が入るレターボックスに、4:3製作で識別信号入りのものはフル画面に、額縁はさらにその画面がレターボックスの状態になって超額縁になります。また識別信号に関しては今後変ることもあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »