« 配属1ヶ月 | トップページ | 声優のチカラ »

研究テーマオワタ\(^o^)/

研究室配属から1ヶ月以上経ちました。いよいよ大まかな卒論研究テーマが決まりましたがそのテーマとは・・・

その他(要相談)

完全にオワタ\(^o^)/

「自由にやっていいよ」ということでもあるのである意味チャンスでもあるかなと思ったり。(とはいえ自分でテーマ見つけてやるのは大変だけど)

全く考えていないってわけでもないんですが、果たして実現可能かどうかが微妙なところ・・・

候補1 人工知能・AI

本来、自分は人間とコンピュータが容易にコミュニケーションをとれるインターフェースの開発・研究がしたく、そのテーマが研究室配属の時に用意されたのですが、いざ入ってみるとそれができないと言われました(泣) 来年じゃないと研究ができないそうです・・・

仕方なく新しいテーマで人工知能やAIに関わる研究をしたいと思いました。この研究室では人工知能・AIのことはあまり相談できる相手がいなさそうなので最悪、他大学の人に相談してみようかなと思ったり。本当は助手の人がそういった分野の出身なのですが、本来の研究室のメインテーマである医用工学の方にかかりっきりで頼りにできなさそうなので・・・

候補2 3Dシェーダプログラミング・3D画像処理・コンピュータグラフィクス

自分がもし就職できなかった場合、他大学の院に行こうかと考えています。もし、そこへ行った暁には上記のようなことやりたいと考えています。その前にその大学の先生に相談していったいどういったことがやれるのかも相談してみようと考えていますが・・・

候補3 組込みソフト

就職ができた場合、自分は上記のことに関わる会社に今現在、最も入社する可能性が高い状態にいます。(相変わらず無い内定ですがw)上記のことをやる場合には隣接している別の研究室の先生に相談する必要がありますが、まず内定をもらわなきゃ話にならないかな?

候補4 セキュリティシステム

今の大学の医学部と共同でやっている医用工学。助手の先生がかなり張り切ってわかりやすい説明されていましたが、唯一の疑問点が上記のことです。今の医学部の医用情報は単に保存させているだけの状態です。それをいろいろ情報処理の力で利益のある使えるものにしようというのが大まかな流れですが、それを悪用する人がいないとも限りません。(いろいろ悪い人もうちの大学にいたしねw 逮捕させられた人もw)電子化された情報を暗号化し、セキュリティを高めることはむしろ蓄積された情報を使えるものにする以上に必要なことではないのかと疑問に思いました。また医用工学とは関係ありませんが、単純に隣の研究室のIC認証による扉の開け閉めがいいなあと思ったり。

候補5 メディア情報処理

すみません、これは自分で作った造語ですw 就職活動でWebに関する様々なことに関わっている会社(その会社が言うには自分たちは「コミュニケーションデザイン業」を行っている、とのことでしたが)にセミナーを受けに行った時に、今の現状のインターネットを使った効果的なマーケティングについて話を聞いておもしろいなと思った次第です。

今のインターネットの広告はどちらかといえば広告代理店にとって非常に目障りな存在です。今までの自分たちの広告が思い通りに効かないからです。AISASモデルという言葉をご存知でしょうか?広告業界にいる方ならわかりますかね?今のインターネットのマーケティングモデルの流れだぞうです。注意(Attention)→興味(Interest)→検索(Search)→購買・評価(Appreciate)→情報共有(Share)という流れがあるそうです。この流れに沿って様々なものが人気商品として世に出ています。

例えば、テレビ番組である商品が紹介されると視聴者はそれについてインターネットで検索して、その会社のWebサイトに行きます。そこでテレビ番組に沿ったWebデザインや広告をしていなかったり、せっかくサイトを見ても商品を売っていなければ機会損失となり売るチャンスを逃してしまいます。そこで正しく見栄えの良いWebサイトをデザインし、たくさんの儲けを出すというのがその会社の仕事というわけです。その後、買われた商品は購入者によって評価されブログや掲示板やSNSなどに書かれて、様々な情報共有がもたらされて、さらにその商品が検索されてさらに商品が買われていくという循環が発生します。こうしてある商品がヒット商品として成長していくのです。

この循環が発生させるにはインターネットのサイトを見る人をきちんと誘導させられるようなWebサイトのデザインや技術が必要になります。それにはWebサイトを見る人がどのようにサイトを見ているのか?や、どういった言葉でそのサイトを探すために検索しているのか?や人をひきつけるのに必要な効果的な手法などが必要になります。自分は前者2つにおいては十分、情報処理においての研究テーマとなり得ることだと思います。また効果的な手法においても情報処理とは少し違いますが、以下のYoutubeの映像をご覧ください。

メントスガイザーですね、わかります。この映像はダイエットコーラやメントスを販売している会社の人間がやったことではありませんが、メントスの検索率は動画が公開されてから140%以上も伸び、自分も同じようなことをやってみたいと考えるユーザーのバイラル行動を走らせたそうです。

話は変わって以下の漫画を見てください

セミナーを受けた会社が作ったWeb漫画だそうですが、この漫画は公開三日で100万PVを集めたそうです。本当かな?漫画が言いたい事は一つだけ、「まず自分が誰であるのかを再認識することである」ということ。Webブランディングにおける大切なことの一つだそうですが言いたい事はそれだけなのです。さらに見ている人をひきつける要素としては、ダメなこと(家庭内での孤立→会社内での孤立→社会に対する悪→逮捕→家庭崩壊→自殺)という典型的なことを集めて、結末は感動的な話にして、プロの漫画の書き手や声優に製作を頼んだ上で動画共有サイトのコミュニティに投げ込んだそうです。

ここまで長く書いてきましたがつまりまとめるとコミュニケーションを念頭に置いた現代のWeb系オープンソースシステムの構築がやりたいということです。それらをやる上で上記のような現代にあるWebシステムの戦略というものを念頭に置きたいです。

最後に自分のスペックを一応書いておきますが、誰かこんな自分でも卒業論文テーマとして何かできることがある!という提案を持っている方がいれば是非教えてほしいです。よろしくお願いします。

学歴:C-ランク(準中位)駅弁大学 工学部 電電 情報処理関連の研究室の学部生

研究室:文字認識や画像処理に定評、医用工学とeラーニングの二枚看板、本来は人工知能についても看板としてできることをうたっているが今はあまり乗り気でない

その他:やろうと思えば他の研究室や産学連携や他大学連携も可能

|

« 配属1ヶ月 | トップページ | 声優のチカラ »

情報処理」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/41269779

この記事へのトラックバック一覧です: 研究テーマオワタ\(^o^)/:

« 配属1ヶ月 | トップページ | 声優のチカラ »