« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

由子さん捨て

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |   
       ____.____    |   
     |        |        |   |   
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |   [由子]
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   

私はそこまで堀江由子さんが好きってわけでもないのでw

というか結局、自分としては役割を放棄することにしました。彼女自身の問題ですし、自分自身の自己分析の結果が就職活動の真の結果であるのでこれ以上は深入りしないことにしました。というか就職活動する必要も、一級建築士の娘で留学を何回もさせて、「誰がどう見てもお嬢様です、ありがとうございました」な彼女には無さそうだしw

正直、これ以上深入りすると身の危険も感じ始めてきたので(いろんな意味で)不味いと思いました。ただ、そういう一連のことを考えているとやっぱり今の研究室の方々の趣味趣向は浅はかだなあと痛感、所詮は駅弁大学でしょうか。

さて漫画研究会の方は話が進まない、進まない。いい加減、疑問事項を早く質問してくれw

といいつつ最大の問題が方針発表会の論文締め切り7月9日ってどうよw

狂ってる、こりゃ狂ってますね・・・OTZ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とりあえず書かなければならないこと

自分の周り関連で三つ事が起こったことがあります。

一つはろくでもないことなのでスルーするとして(少し不味いことですが)

二つ目が重要だと自分は思いました。このブログが私の周りに気づかれていないことを前提として書きますが、どうやら私の周りのある一人の母親が亡くなってしまったそうです。隣の国へ帰ってしまった人のことのようです。この場を借りてご冥福をお祈りしたいです。しかしその人の母親はまだ50代、そんな若さで亡くなってしまったのはかなり辛いでしょう。その人は当然として残された旦那さんのショックは計り知れないものがあります。現に私の祖父母も父方は祖母が死んでしまった翌年に祖父が死んでしまったことがありましたが、母方の方は祖父が死んでしまっても、現在も祖母は生きています。なので一週間くらい、残された父親のそばにその人が居てやっているとのことでした。

「らき☆すた」なんかでも主人公一家がシングルファザーの家庭でしたが、現に生きているご主人も居るわけなので、少しそれは偏見なのかなとも思ったり。

その人が帰ってきたらその人のためにも、私の周りのこの環境を少しでも面白い場所にできるようにしたいということと、悲しさを吹き飛ばせるような状態に何とかしたいです。

三つ目は漫研のSNSの話がやっと一歩進んだこと。ただ、まだまだ双方の意思の疎通ができていない感じなのでちょっと不安なところ。

あと一つ進めたいことがあるのですが・・・これは本人のやる気次第なので自分じゃ何にもできないのが悔しいところ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日発売テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士

今日発売のTOS-R、もう手に入れた人はいるのでしょうか?

Wiiをインターネットにつなげると見ることのできる「みんなのニンテンドーチャンネル」ではエミル役の下野紘さんとマルタ役の釘宮理恵さんのアフレコ風景・インタビュー映像が配信されています。

本当は一刻も早くやりたいところですが残念ながらそんな暇も無い感じなのが残念でたまりません・・・

声優といえばフラジールのセトとレンの声優が決まったことを記事にしていましたがその他にも出てくる声優さんがいるそうです

バンダイナムコ、Wii用「FRAGILE ~さよなら月の廃墟~」登場キャラクタとシステムの情報を公開

開発者公式ブログ

サイ役:広橋涼さん

クロウ役:園崎未恵さん

安田早希さん
伊藤かな恵さん
外村茉莉子さん
宮崎寛務さん
戸塚利絵さん
高塚正也さん
今野宏美さん
私市淳さん
森岳志さん
神田朱未さん
進藤尚美さん
菅沼久義さん
斉藤貴美子さん
川名真知子さん
浅野真澄さん
大場真人さん
竹本英史さん
藤本たかひろさん
平井啓二さん
牧島有希さん
麻生智久さん
鈴木真仁さん

(順不同)

声優大杉w 結構豪華なゲームになりそうです。

さてWiiの新作ではマーベラスの発売でイメージエポックが開発の新作RPGが発表されました。

ファミ通スキャン 公式サイト

「アークライズファンタジア」と呼ばれるゲームとのことですが「PROJECT RAY」と呼ばれていたのがこのゲームのことなのでしょうか?ルミナスアーク製作スタッフが参加しており、公式サイトを6/27に公開するとのこと。げむげむまにあさんによるとAAA作品っぽいですが、キャラクターの表情が弱いそうですね。AAAという会社はテイルズオブファンタジアを作っていた日本テレネットのウルフチームの一部のメンバーがナムコと対立して分離・独立した会社です。対してイメージエポックはテイルズオブシンフォニアの開発スタッフの一部のメンバーが中心となって設立した会社です。似ているのは当たり前ですね。ワイド画面なのはこれからのイメージエポックのゲーム開発の方針である「将来的にはカプコンが作るようなアクションゲームが作れる会社を目指す」ことからいけば当然の流れでしょう。ロボットがラーゼフォンっぽいのはアニメファンがいるから?自分としてはエウレカセブンっぽいなと思ったらキャラクターデザインが同じ人だったw

でもイメージエポック開発のゲームではキャラデザで痛い話があるな・・・

セガのDS用RPG「ワールド・デストラクション」のキャラデザ偽装問題の経緯

①「キャラクターデザイン 田中久仁彦」発表
☆4月末のファミ通で発表 http://www.jeux-france.com/images0_4_26414.html
☆キャラが田中久仁彦のテイストと違うことが疑われ始める。
 ↓
②「キャラクター原案 田中久仁彦」に変更
☆5月に公開した公式HP、その他ゲーム雑誌記事で変更
☆TVアニメのスタッフ紹介にも「キャラクター原案 田中久仁彦」の文字
 ↓
③「キャラクタークリエイト
内海裕晶、加藤正人、かどつかさ、田中久仁彦、藤坂公彦 」とスタッフ併記に変更

☆田中久仁彦のブログ
「2008年 05月 29日 寝耳に水はびっくりした。
今現在、自分が携わっているゲームについてですが、
来月1日に自分のホームページで触れようと思います。
なぜ来月1日かというのは先方との約束でして、
本当は4月末からずっと触れたくて仕方なかった…。」

☆6月1日に田中久仁彦氏自身のホームページ
「NDS用ゲームソフト『ワールド・デストラクション』に携わっています
イメージイラストとパッケージイラストの2点依頼を受けました。
まだ発表されていませんが、ちょっとだけキャラもデザインやっています。」
(つまり、田中がデザインしたキャラは6月1日時点で
未だ発表されていないキャラ。偽装が完全に発覚)
            
☆6月1日にリニューアルした公式HPで本物のスタッフ表記に変更。
☆TVアニメ記事のスタッフ紹介に「田中久仁彦」の文字が消える


※5月30日の発表会のトレーラーにはまだ「キャラクター原案 田中久仁彦」の文字
http://jp.youtube.com/watch?v=VkYi26mIJ08

| | コメント (1) | トラックバック (0)

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

今、やらなければならないことが4件ある

テスト、研究、他の人の就職活動の面倒、漫画研究会の話

これだけあるとホントに疲れてくる、早くまったり家でゲームしたりアニラジ聞いたりできる時期になってほしいというのが本音。

にしても自分の周りの空気読めない人がハメられそうになっているのが怖い。マジで怖い。上の4つのうちの2つも詳細がバレると自分もヤバイ。これはバレないようにしなければ!(もうバレてるかもしれないがw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

由子のためにも

 

某I氏が大好きな堀江由子さん、

そんな由子さんと同じ名前を持った女友達が自分にもいます。しかしその娘も今年就職活動、なおかつ留学していたという理由で、今の今まで全く就職活動をしていなかったという娘がいます。

その娘の背景としてはこれまたあのPOAROと同じ大学に通っている娘で英語が話せることを生かしたいことと家具やインテリアの販売・企画・デザインがしたいとのこと。

どっか良い就職先は無いものでしょうかねえ・・・

にしてもその由子さんには妹もいるのですが、けっこう引っ込み思案な性格で、由子さんとは似ても似つかない妹で性格だけなら姉妹合わせてどこかのアニメに出てきそうな絵みたいな姉妹ですねえ

絵みたい!(C)POARO

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タイムリミットまで残り1ヶ月

7月末に来るもの、ここである程度結果を残さないと本当に不味い。自分は外の国の人の書いたプログラムの内容を解析して画像という、成果物を残さなければならないのですが、その人の研究に関しては誰も全くノータッチだったため質問できる人がいない(泣)、というか興味・関心がないのはいいとして結構、後々に同じ研究をする人に対して配慮をしてない内容だと思うのですが・・・あまりにも内容を信じすぎてないか?そもそも興味が無いだけかもしれませんが。

同じ部屋の2人は気まずい状態に一瞬なりましたが、片割れの持ち前のポジティブシンキング?で元のサヤに収まった?ようです。どうみても片割れの独りよがりです、ありがとうございました。自分とその二人以外にもう一人その部屋にはいるのですが、その人が引いてしまう程のようでした。そもそも、その二人を他人としてみている傍観者が4人以外にいることをもっと気づくべきだろうと思うのですが・・・2人のうちの迫られている方はその人の存在に気づいているようですが・・・

もしかするとこのブログも周りの人に発見されて笑いのネタにされて陰口まで言われているかもしれません。それだけ敵には回したくない人が周りにはたくさんいます。

同じように微妙な空気になっているのが人がいるのが珍しい方でない部屋です。自分としてはその部屋は毎日盛り上がっていてやりづらさなんて無いと思っていたのですがそうでもないようです。前に「ゆとり」な人だと言ってた人がその部屋にはいるのですが、隣の人はかなり絡みづらいと思っているようです。ただ周りも絡みづらいと思っている人自体が絡みづらいとか腹黒いとか思っているようです。前の人はその会話に苦笑し、後ろの人たちはそれに対して笑っているだけのようでした。後ろの人たちはその二人を姉と弟と表現します。姉さんの方はどうも後ろの人たちの存在が見られているということで気に入らないようです。弟の方はフリーダムで毎晩遅くまでいます。そして毎晩、他のグループの人たちと会議をしているようですがウザがられてませんか?自分たちのグループの評判だけは落とさないでください。

人がいない部屋は相変わらずで、最近グループに陰を落としたのが隣の国の人が帰国してしまったことです。その人にとっても寝耳に水ですし、いろいろとこのグループにとっても寝耳に水な出来事です。はたして1ヶ月後、きちんと15分間を乗り切っているのか非常に不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━!!!

内々定キタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━!!!

周りの皆様にはここまで来るのにいろいろと迷惑をかけまして、まことに申し訳ありませんでした。やっとこのような記事を書くことができました。

2009年4月から米を売ること

 

にしました(笑)

これだけ言えばどこの会社に就職するのかわかっちゃうねw(´ー`;)

しかし巨大グループの会社なので体質を変えるのが課題かな?かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本質がわかっていない

秋葉原通り魔事件 献花台に群がるマスコミ

2008年6月8日千代田区外神田の中央通りで起きた事件について

現地に行った献花に行った人の報告とか

秋葉原事件の被害者撮影 モラル論議が巻き起こる

内輪・ゲームネタばかりなので、たまには真面目な時事ネタも・・・。言わずもがな秋葉原で起きた通り魔の事件である。今回の事件はマスコミの情報操作がかなり酷い部類で行われている。もちろん意図的ではないが、意図的でないということの方がよっぽど厄介である。上記URLで言われていることでもそうだが、事件を他人事のように考えている人間が非常に多い。それを事件とは関係のないところで示すのは仕方が無いが、事件と関係あるところで、それを示してしまうのは人間としておかしいのではないだろうか?マスコミは今回の事件の起きた場所の特性上、かなり今回の事件を曲解して伝えたいようだ。もし今回の事件が秋葉原とは別の場所で起きていたらどうなっていただろうか?それを考えると秋葉原という地域は人が住む空間としてもうありえない無法地帯になってしまったと今回の事件を通して考えた方が良いと思う。

もう一つ、マスコミが伝えてない(あるいは伝えたくない)ことは犯人の内情です。犯人が典型的な非リア(実生活が充実していないこと)であること、アニメやゲームが好きなこと(マスコミの積極報道対象事項)、小中学校は優秀だったが高校以降、学業成績がダメになって、全く努力しない経歴が付いてしまったことなど・・・これは誰に対しても起こりうることではないだろうか?つまり、こういう人が最近多くなっていること自体がそもそもおかしいと考えるべきだと思う。

さらに派遣という立場でリストラ圧力をかけられていたということだ。マスコミが一切報じない(あるいは派遣先の関東自動車やその裏にいるトヨタや派遣会社の日研総業がマスコミ報じさせない)ことは犯人がリストラ対象だったと言うことだ。どこから圧力がかかっているかわからないがこれを報じているマスコミはほとんどいない。明らかにおかしいことだ。

ともかく、今回の事件は事件を報じているマスコミは情報操作をしているし、事件を受け取る我々も深く考えずに流している面が大きい。このまま我々がマスコミや企業の手のひらで踊っているような形になっていったらどうなるのか、非常に恐ろしいことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか面倒なことになってきた

結局、片方の一方的なことに対して、もう片方は気づいてたわけか。

こりゃ同じ部屋にいる人間として面倒なことになってきたね。なんか別の人とくっつかせる案まで出てるし。

―――――――――――――――――――――――――――

追記

片方は経験無しかよ!一見、見るとそうには見えないのですが・・・。もう片方はそれが逆に(・∀・)イイ!!とか言ってるし。周りの人にも迷惑かけてきたのですが・・・(片方の人にちょっと喋ると少し威圧された態度を取られたりする学科全体にこの話題が広まる)。片方の人はかなり嫌がってるね、けど失敗確実なのにアタック後のことは何も考えてないってのはどうかな?

で、自分はというと記録係りで失敗をしでかす・・・。周りの人で許してもらえる人もいれば間違いを指摘する人もいる、少し凹みつつも反省・・・

―――――――――――――――――――――――――――

で、その別の人に関することなのですが、ここはオタクにアレルギーのある人が多いから、その人も大変なのです。半分イジメに近い状態になっています。自分もそういう話は研究室では一切しません。

というか正直ここは陰口やドロドロした話が大好きな研究室です。正直、敵には回したくありません。(どうにか敵にはなっていませんが)

アニラジ実況で自分が言ってましたがオタ系SNSとマンガ研究会との提携の話も研究室には一切、知られない形でやらないといけませんね。下手に上記のその別の人やその別の人が所属するマンガ研究会の話をすると面倒なことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3で売れるソフトが出ないワケ

研究室のある一人が先輩に向かってはっきりと

「先輩みたいな自分と合わない人とは一切、飲み会などには付き合わないです」

さすがにちょっと引きました・・・自分もゆとり世代の入り口世代ですが、ここまでのことは言わないです。こういったことを2chとかで言うとやっぱり、ゆとり世代だとか言われるんでしょうか。

さて、卒業論文の大体のテーマが決まりました。カメラ制御についてのことになりそうです。それをどうするかはこれから考えますが・・・

他のテーマはやはり実現不可能なことが多すぎました。特にCGについては深い深い問題がありました。まず

・金が無い

・CGにする素材の存在理由が無い

というのが問題でした。話は変わるかもしれませんが今のPS3らしい売れるソフトが出ないのはCGという分野がもう日本の学術分野では成長できる分野ではないというのが原因かもしれません。今、学術分野で最先端のCGを切り開くことができる条件が整っているのは東京大学の西田研究室岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS、アイマスじゃありませんw)の高桑教授のいるCGIコースくらいなものであるというのです。この二つはCG作成にかなりの資金が自由に扱えることとそれぞれCGの分野でのスペシャリストである教授がいることで最先端のCGを扱うことができるということなのです。CG作品について現在では論文にして寄稿しても評価してくれるような学会はありません。日本の中でCGについて評価できる人がいないからです。海外では評価してくれる人はたくさんいますが・・・

中には大学のゲーム学科やゲーム系の専門学校でそういうことができるじゃないかと言う人がいるかもしれませんが、普通の大学生は何であろうと新しいことを行って、それについて論文を書いて卒業するのが通例です。そういったことを乗り越えているのと単に就職のために学んで作品を作るのではワケが違います。なので、専門学校出身者が多いスクエニがFF13のようなソフトを作ること自体が厳しいことなのです。ゲーム学科が思うように開設されないのも、日本の大学と言うのは学会で評価されてこそ、その価値があると大学は考えており、全く評価されないものに金を出しても意味が無いと考えているのです。

よってPS3やXbox360で美麗CGを扱うことのできる人間は少なくなってしまいます。うちの大学の研究室の教授曰く、「学会レベルでは20年前にCGの分野はある程度の水準を超えてしまった」ということで、「CGよりも任天堂のDSような文字認識や画像認識、Wiiのセンサーやモーションコントロールなどの分野の方が学会では評価されやすい」とのことでした。そういった学会重視な大学の姿勢がCGに携わる人の意欲を削ぎ落としてしまい、ますますテレビゲームに対して関心を薄めてしまう原因になっているなと感じました。また教授は「ソニーは研究をあまりしない会社」とも言っていました。確かに社内の社員に自主的な研究や勉強のためなら特別休暇や出張費まで与える任天堂とは比べ物にならないと感じます。それに実際、SCE製で売れている重厚長大なソフトは外国人の手で作られたソフトが多いです。

そしてそんな人間の一人に自分もなりそうな感じのようです。今、受けている会社が落ちた場合、大学卒業してIAMASに行ってみようとは考えていますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiiソフト続々、Wiiの涼宮ハルヒのゲームタイトル発売日決定

ファミ通のフラゲ情報からの情報のようです。

ルーンファクトリーフロンティア 公式サイト

DS用ソフトのルーンファクトリー ー新牧場物語ーの主人公のラグナとヒロインのミストが出てきます。パラレルワールドのようでしょうか?16:9サポートでクラシックコントローラー対応、85%の開発度なので直ぐに発売されそうです。気になるのは声優の配役です。DS版ではラグナ役に朴璐美さん、ミスト役に小清水亜美さんが出ていましたが今回はどうなるのでしょうか?他の配役の声優も気になるところです。

天誅4

フロムソフトウェアがやっとWiiソフトを発売していただけるようになりました。第一弾は天誅ということで今回は少し因縁めいた作品になりそうです。天誅シリーズは元々アクワイアという会社が企画・開発されソニーミュージックエンターテイメント(以下SME)によって発売されました。しかしSMEがゲーム業界から撤退し版権がアクティビジョンへ移るとアクワイアは一切天誅に関与できなくなってしまいました。その後、アクティビジョンからフロムソフトウェアへ版権は移りましたが今回は念願かなってやっとアクワイアが天誅を作ることができるようになったようです。ただ今回のアクワイア開発劇も少し喜べないものはあります。アクティビジョンに版権が移った後の開発会社はK2という会社が担当していましたが、その会社がカプコンに買収されたため仕方なくアクワイアに頼んだ感じが見受けられます。

またフロムソフトウェアはWii用アクションRPGを発売予定リストから削除しており、ゲームキューブのゴールドマウンテンが発売中止になったようにゲームキューブソフトの発売展開のような感じにならないか心配ではあります。

・涼宮ハルヒの激動

涼宮ハルヒの激奏というのは既にありますが「激動」ときましたか・・・発売は11月27日でDXパックが同時に発売するようです。近くのアニメイトで6日後に予約開始との事だったので発売日決定のフラグだったようです。となると二期は秋からでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声優のチカラ

FRAGILE~さよなら月の廃墟~

Wii向けソフトのフラジールの主人公、「セト」と名前の無かった女の子、「レン」の配役が決まりました。セト役には桑島法子さん。レン役には吉川未来さんとのこと。

しかし、その配役が決まった過程にもいろいろとドラマがあったようです。

桑島さんはオーディションの時、OKテイクとなった時のマイク機器の設定がおかしかったらしく、収録が最後になってもう一回リテイクとなったようです。ゲームの収録のオーディションとなると多くの声優(前に記事にした時は30人が受けていますと言いました)が受けており、5~6時間の時間がかかってしまいます。よって最後にリテイクということになってしまうとかなり時間が空いた後にもう一回OKテイク通りの演技をしなければなりません。桑島さんは嫌な顔もせずに「わかりました」と言い、もう一回OKテイク通りの演技をしたそうです。マイク機器の設定がおかしかったものともう一回最後に収録したものを比べると、タイミング、スピード、長さ、演技の仕方、全て同じ演技だったそうです。本当に実力のある声優というものはこういうことができる人のことをいうのでしょう。

さてレンを演じる吉川未来さんについてですが、まず「誰?」と思うのが普通の人だと思います。Wikipediaを見るとユメユラの一人のようです。鹿野優以さんや板東愛さんは集まれ昌鹿野編集部や、まさや・ばんばん しぼりたて生!などでよく知られてますが山口繭さんや吉川未来さんはあまり馴染みが無いように見えます。青二としてはこれから売り出すべき声優なのではないかと思うのですが・・・鹿野さんや板東さんには失礼ですが、あまり目立った活躍も無いので。(といってもユメユラ自体も迷走していますがw)

吉川さんがレン役に決まったのは声の質とのこと。レンはあまり喋らない役で台詞も少ないため如何に少ない台詞で少女らしい印象を強く与えるかという所に選考の基準を置いたそうです。

さて他の配役も気になりますがこのまま青二プロダクション所属の声優が続いていくのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »