« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

自分の周りの重要単語

昨日言ってた「明日がヤマダ」は今日のことですが結局アホらしくなってどうでもよくなりました。どうあがいてもダメなものはダメなんだし、言われる方は言われる方で既に情報を持っていてある意味卑怯だし。そんなもののために残念会をやる方もやる方だと思ったり。

別の話ですが名古屋や大阪などの都市部の大学に相当コンプレックスを持っているような発言を今日聞いてしまいました。自分はネットを通じて例え相手がどんな人間であっても関係なく相手と付き合っていくというスタンスを貫いています。相手がどこの大学に通っていようがどうでもいいですし、それは単なる出会い厨的な考え方であって少し嫌いです。

関係ないかもしれませんが改めて駅弁大学の嫌な部分を垣間見えたという感じがします。

さて今の自分の周りの状態を表す単語を紹介しておきましょう。自分の周りの環境が「井の中の蛙」にならないようにするためにも宣伝をしなければなりませんw

C・O・E・M・O(コエモ)

オタク専用SNSとして秋から始動予定(笑)のサイトです。夢はでっかく100万人規模のSNSを目指すとかw その足掛かりとしてマンガ研究会やらオタク系サークルやらをここの管理人が自分に紹介してほしいと頼んでいるのですがそんな伝手あるわけねえw 誰か入ってくれる方いないものですかねえ・・・

マーチングバンド The Saltydogs

SoltyRayとかSoltydogっていうカクテルなら聞いたことありますが、大多数の方が「マーチングって、まず何?」ってところじゃないかと思います。詳しいことはこのページをみることにして、このバンドに対してもC・O・E・M・O同様あることを自分がやってみようかなと画策中。

他にも自分の爪痕を何とかしてこの県内に残そうとしています。ここにいるのもあと1年もありません。なぜこのようなことをしているかというと、6年間いたこの地に自分が存在したという証拠を残したいという願望が自分にはあるからです。自分のできる面白いことを実現させたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地獄からの一時解放

とりえず地獄は過ぎましたが、まだまだ課題は満載です。また12月と来年3月に同じことがあるし、研究自体も進めないといけないし・・・まあ悩んでてもしょうがないので突き進んでいくだけです。

さて地獄の中でいろいろと進んだこともありました。OBの方々に良いように遊ばれていたあの人は「今日がヤマダ」のようですね。うまく断れるのでしょうか?そしてその「ヤマ」を作ろうとしている人はなぜかうちのグループのある先輩を目の敵にしていました。迷惑な話です。

(訂正)「明日がヤマダ」に変更されたようです。

このような状況を上から見ているある人はその先輩と付き合っていましたってことにすればいいじゃんとか言ってます。そうなると明らかにその先輩が「ヤマ」を作ろうとしている人に刺されるわけで(ノ∀`)

「そんなことを考える俺は構成作家になれる」とか言ってます。POAROの伊福部さんあたりが聞いたら怒りますね。

こんなことになりつつも結果を出している人はすでにいます。研究室の別の研究で使われていた技術を自分の研究に適用して、ある成果を出したため論文を学会に出す学部生。工学系大学の最難関へ口述試験を受けて受かりそうな学部生。真面目な人もいることにはいるので、そういう人を見習っていきたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

地獄の中で感じたこと

学生や院生に任すというのはある意味聞こえは良いですが実際にそれが建設的なことなのかというと「どうかな?」と思ってしまいました。

自分は画像処理を扱うグループに所属していることになっているようですが本来はそこに入りたくて入ったわけでは無いですし、扱っている内容も違います。

ソフトウェアコンピューティングを扱っているので画像処理グループに所属しても全くメリットが無いです。このグループでは意見を否定することしか彼らはしませんから。

論文やスライドを見せても彼らは「ここがおかしい」とか「変だ」しか言ってきません。「だからどうすれば良い」の部分は一切言いません。「考えろ」としか言いません。全然説得力がありません。自分の内容に関わる研究をしているというならわかりますが単なる子供の喧嘩で終わってしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タイムリミットまでの地獄

まわりが続々と原稿・スライドを完成していく中で自分がだんだんと取り残されていっています。時間はかけていますが(このところ朝帰り続きです)やはり成果がなければ意味がありません。時間はむしろかけない方が評価されるとまで言われました。

話が続かず途中で飛んでしまう、話し言葉を使ってしまう、話していることが相手に伝わっていない、話が繋がらない・・・etc

こんな自分にまわりは苛立ちはじめています。かといって面倒を見てくれるというわけでもないのでかなり困っています。こんなこともあってか研究の目的すらも見失いかけています。最悪の事態を考えなければならなくなるのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今の学部生

自分の周りのB4の人たちの状況は相変わらずだ。タイムリミットが刻々と近づいているがなかなか危機感というものは伝わってこない。自分はかなり危機感を感じていますが・・・

自分の部屋・・・一人は酒飲んで暴走、ポエム書いて周りから引かれる、本来の今の部屋の住人ではないが自分の部屋の隣の人に好意を寄せている。完全に片想いです。ありがとうございました。

その好意を寄せられている人は先輩から都合の良いように扱われている、本人自体も仕方が無いのでそれに乗っかろうとしている(ノ∀`)

別の方は隣の国の人、やっと帰ってきましたが果たして国内の工業大学の最高峰へ編入できるのだろうか・・・

隣の騒がしい部屋・・・一人はKYできない人。同級生と秘密会議と称してコンパしまくり、それを先輩に気づかれて潰される直前(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク。

もう一人はその隣の人、彼氏持ちだが周りから黒い、黒いと言われる。隣の人とのやりとりを後ろから先輩に見られているのがどうも気に食わない。

隣の、人がいるのが珍しい部屋・・・一人はおそらくこの中で自分が一番話しやすい人、面白いことを言うこともあるがどうも話が一人よがりになってしまうことがある。

もう一人はあまり来ていない人、卒研大丈夫?

こんなんで大丈夫か・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »