« タイムリミットまでの地獄 | トップページ | 地獄からの一時解放 »

地獄の中で感じたこと

学生や院生に任すというのはある意味聞こえは良いですが実際にそれが建設的なことなのかというと「どうかな?」と思ってしまいました。

自分は画像処理を扱うグループに所属していることになっているようですが本来はそこに入りたくて入ったわけでは無いですし、扱っている内容も違います。

ソフトウェアコンピューティングを扱っているので画像処理グループに所属しても全くメリットが無いです。このグループでは意見を否定することしか彼らはしませんから。

論文やスライドを見せても彼らは「ここがおかしい」とか「変だ」しか言ってきません。「だからどうすれば良い」の部分は一切言いません。「考えろ」としか言いません。全然説得力がありません。自分の内容に関わる研究をしているというならわかりますが単なる子供の喧嘩で終わってしまいます。

|

« タイムリミットまでの地獄 | トップページ | 地獄からの一時解放 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

厳しいことを書くと、結局の所その批評する人の問題であって、先生が学生・院生に任せることの制度そのものが悪ということではないと思います。
#ほぼ同年代の人が評価するということは、評価する側もされる側も勉強になります。
「同世代だからこそ言えること」というものもありますから。
今回は「相手が悪い」と思いますが、この先そういうの結構ありますんで、これも「勉強と思ってイキロ」としか書けないですねぇ…

いずれにせよ、どうも進展したらしいので、乙であります(;´Д`)つ旦

投稿: 行!行! | 2008年7月27日 (日曜日) 午前 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/41977152

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の中で感じたこと:

« タイムリミットまでの地獄 | トップページ | 地獄からの一時解放 »