« FFCCEoTの公式サイト正式オープン! | トップページ | 10/31の大須での出来事 »

現状報告

いよいよ卒業研究に関する
「やらなくてはならないこと」
が具体化してきました・・・OTZ

周りの人が見てないところで、尚且つ単に研究の内容ですから書きますが私の研究内容は

「視野を動かすことの出来るカメラを使って大学の講義の講師の動きをカメラで追跡する研究」

をしています。本当に助けて欲しいくらいどうやったらそんなことができるのかわかりません。

扱う言語はC#なのですが・・・これがまたやっかいな言語でして、速さが求められる画像処理には本来は向いてない言語なんです。でunsafe化とかしてやっとまともに画像が扱えるようになりましたが自分としては滑らかに講師の映像を撮影したいというのが本音です。
まだまだ講師の映像を滑らかに撮影できているとは言えないレベル・・・むしろ追跡できていない。

ファジィという考え方を使ってある程度講師の動きを予測はしているのですが・・・
これからどうするかというと追跡できていない状態をフィードバック制御をかけて修正していく方法をとるか?
あるいはシステム自体を変えてしまって、例えば画像処理の速度がunsafe化するよりも速く、C++並みの画像処理速度で物体追跡の関数まであるopenCVを使うか?
前者はどのように修正していくのか具体的な案が見えてこないですし、後者はC#でopenCVを扱えるように出来るためのDLLであるラッピングでまともに扱えるものがないという問題がある。

どちらにしても問題は山積みです。

そして12月はSICEの学会発表、来年4月には自分は発表はしませんですがSICIの研究発表があり、その他に中間発表と卒研発表をしなければならないという始末・・・OTZ。

まず、その前に来週の検討会をどう乗り切るかも考えないと不味い、不味い・・・OTZ。

|

« FFCCEoTの公式サイト正式オープン! | トップページ | 10/31の大須での出来事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/42718514

この記事へのトラックバック一覧です: 現状報告:

« FFCCEoTの公式サイト正式オープン! | トップページ | 10/31の大須での出来事 »