« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

自分の2008年はこれからだ!(爆)

2008年を振り返ると過去と比べて、いろいろなことが本当に目まぐるしく過ぎて行ったことを覚えています。

干支や年齢的には厄年(笑)
星座でもふたご座はあまりよろしくない運勢
で今年はツキが無かったと思われます。

実際そんな状態でよく就職活動を終われたなと思います。
去年の今頃はまだまだ就職活動の本番はこれからと思っていましたが、その奢りがダメでしたね。

自分の生活の中で一番変わったのは研究室に配属されたことでしょうか。
最初のうちは慣れない事がたくさんあったのを覚えています。
また、研究室に配属されたからこそ自分の殻を割った出来事がたくさん起こりました。
今年は自分の人生観が大きく変わったと思います。

心残りはまだまだ最後まで見届けたいことがたくさんあることでしょう。
そして自分のやらなければならないことも、たくさんあるので、それをやりきることも課題です。

来年はどの運勢・占いを見ても共通しているのは、かなり運勢が良い年であるということと、大きな変化があるということです。
今年以上の変化というのが想像できないわけですが・・・
とにかく今年も大きな変化があったわけですから来年も2008年の延長ではないかと思うわけです。

だから
「自分の2008年はこれからだ!(爆)」
というわけです。

今年の反省点としてはmixi・ブログ共々読んでいる方々にいろいろとご迷惑をかけた点です。
mixiやブログの影響力というものを軽視しすぎました。
しかし自分のmixiやブログで書いているスタイルは全員に向けたことをそこで書いているのではなく、ある特定の人(時にはmixiやブログを見れない人に対しても)に対してメッセージを送るスタイルをとっています。
結果としてそのメッセージが関係の無い第三者にとってどのような反応を示すか、それが面白いのです(悪く言えば吊るし上げです)。
このスタイルは来年になっても変わらないと思います。

EARTH1984の2008年の活動は12/31 12:00を以って終了します。
2009年は新年1/2から活動いたします。
本年はお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドスコッチがつなぐ何気ない不気味な日常

【名古屋速報】名鉄本線・栄生で脱線事故。本線・犬山線見合わせ中
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1230466420/

またですか。
前回、今年の9月に自分が東京に行こうとした際に豊橋で車で拾ってもらうために名鉄で豊橋に行こうとしたことがありました。
しかし、名鉄本線で人身事故が起こって名鉄に乗れなかったことがありました。
名鉄は本線で事故が起こると犬山線や常滑線などの全線がストップしてしまうやっかいな鉄道です(いいかげん名鉄はこの仕組みをなんとかしないのかな?)。

しかし、今回は脱線事故ですか。
何をやっているんでしょうか名鉄は。
どうも今回の事故は10月に起きたあおなみ線の脱線事故と同じ原因のようです。

あおなみ線 始発電車で脱線事故
http://nonbee.at.webry.info/200810/article_12.html

あおなみ線の事故と今回の名鉄の事故の原因は鉄道車両の車止めであるハンドスコッチを発車時にとり忘れていたことが原因のようです。

まず、怖いのは今回の事故車両が以前に名鉄で衝突事故を起こした車両の再生車両であることです。

パノラマカーの末裔(まつえい) 名古屋鉄道 1380系 モ1384
http://www.hcn.zaq.ne.jp/cadzy500/HP1/chinsya-htm/mt_1380/mt_1380.html

この事故では乗用車が踏切から線路内に入ってきて車が大破し、乗用車の運転手が死亡、鉄道車両の乗客・乗組員ら14人が怪我をする参事となりました。
http://www.isok.jp/rail/spectacl/pict0470v.jpg
http://www.isok.jp/rail/spectacl/pict0481v.jpg
上の写真のように特別車である前方2車両はボロボロになり廃車になりました。
そして一般車であった後方4車両が今回事故を起こした1384F車両です。
http://tomo-jrc.cocolog-nifty.com/tetsu/2005/04/post_1.html
http://www.tcp-ip.or.jp/~k-suzuki/train/1384F/1384F.html

えーっと、これは呪いですかね?

また、少し怖いのは事故原因のハンドスコッチです。
ハンドスコッチの取り忘れが原因で大惨事になった大事故が実は今、自分が住んでいる場所の最寄り駅の鉄道会社である近鉄で起こっていました。
青山トンネルの事故です。

近鉄青山峠(総谷トンネル)事故の記録-S46.10.25
http://homepage2.nifty.com/tkataoka/history/009/history_009.htm

今年、オフで青山高原の総谷トンネルにまさに行ってきた事があるわけですが、考えただけでもゾッとする話ではあります。

(12/29 0:30追記)
事故原因はハンドスコッチをとり忘れていたわけではなく、それ以前に運転手が盲進してしまったことが原因とのこと、なんだかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii版FFCCエコーズ・オブ・タイムの映像特典にFFCCクリスタルベアラーの最新映像が収録

Wii版のみの特典映像収録決定!
FFCCクリスタルベアラー(以下FFCCTCB)の最新トレーラーがWii版FFCCEoTに収録されることが決定しました。
FFCCTCBの続報を首を長くして待っていたのでこれはうれしい一報です。
なおFFCCEoTはFFCCTCBのトレーラーの他にFFCCシリーズの作曲者である谷岡久美さんが歴代のFFCCシリーズソフトの中から選曲したミニコンピレーションアルバムがDS版・Wii版共通の予約特典として付きます。
「FFCC エコーズ・オブ・タイム」予約特典決定!
公式サイトの写真に写る谷岡さん(左側の女性、右側の男性はメインプログラマーの紙山さん)
また、DS版の方はFFCCRoFの時と同様にニンテンドーDSi同梱版の発売もあります。
ニンテンドーDSi同梱版「クリスタルクロニクル エディション」デザイン公開!
ちなみに自分はWii版は既に予約済みです!
DSi同梱版も欲しいところですが・・・ちょっと出費がきつかったり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉は散々でした

次の日のバイト中、立っているのがやっとで気持ち悪くてフラフラでした。
明らかに二日酔いです、ありがとうございました。

前日の飲み会での焼肉+お酒(ビール・焼酎)という組み合わせが自分にとっての限界点を超える組み合わせとなってしまいました。

何回あの店と帰ってきてからの家で吐いたことか・・・OTZ

研究室の一部の人たちはカラオケをしに行ったと思います。
自分は酷い有様であったことと次の日がバイトだったので行くのは無理でした。

しかし、飲んだアルコール類はジョッキのビール5~6杯、焼酎(ロック)1杯、果実酒(ぶどう)1杯だけなのになんで焼肉と組み合わせるとなんであーなってしまったのかが不思議でたまりません。
確かに前々日はかきパーティがあったし、前日は実家に帰って少し食べ過ぎてしまったけど(笑)。
せめて当日の昼食を抜きにすべきでした。

今回のことは自分に初めてお酒の美味さを教えてくれた人に対して顔向けのできない出来事だったと思います。
その人は女性なのにビールを何杯も飲むわ、焼酎のお湯割りを大量に飲むわで、その飲みっぷりは尊敬に値するほどでした。

今回のことはその人に対して本当に申し訳ないことだなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学会\(^o^)/オワタ

いや、内容的にオワタわけじゃなく、ただ単に乗り切っただけなんですけどね・・・
内容も実験の評価方法に悔いが残ってしまいましたが(´・ω・`)

さて学会の打ち上げということで自分の研究室内でかきパーティーが開かれました。
かきと言っても柿ではなく牡蠣です。
味噌牡蠣鍋、牡蠣シチュー、生牡蠣、牡蠣の醤油焼き・・・

多分、今日か明日辺りに新聞かニュースでM大学で牡蠣による集団食中毒があったとの一報があったら自分たちだと思ってください(´∀`)

そこで自分はアルコール度40のジンを飲んだのですが流石にあれはヤバイです。
一口飲んだところ普通の日本酒などと比べて明らかに苦い。
なのでオレンジジュースと割って飲みました。

しかし2日後にまた飲み会があるわけですが・・・今度は焼肉ですか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

DQ10がWiiで発売でサードソフト目当ての人にとっては混迷深まるハード選び

スク・エニが「ドラクエ9」「10」で描くシナリオ

毎度のことながらゲーム業界のことをわかっているようで全然わかっていない新清士の発言である。この内容はスクエニがあたかも最初からWii・DSの成功を予言してマルチプラットホーム戦略をとっているように書かれているがあくまでFF13は

・PS2の成功を受けてのスクエ二のPS3に対する期待

・FF13を開発する旧スクウェア第一開発部隊の高スペック路線思考

・旧スクウェア株を取得しているSCEに対する配慮

でPS3で発売をする予定になっているだけである。またスクエニのDSソフト偏重は

・GBやGBAにソフトをほとんど投入できなかった旧スクウェアの反省

から行われたことでありDSの成功は全く関係が無い。そしてWiiに対してもDQシリーズが投入されるのは

・DQの生みの親である堀井雄二氏の影響(DQ7をPSで発表するときに任天堂の年末商戦に対して配慮するために発表を遅らせたほど)

・Wiiの成功

を受けて決められたことであり、スクエニがWiiの成功を予言して行ったことではない。また現在、本来はPS3に投入されててもおかしくないスクエニのRPGソフトがXbox360に投入されているのは

・マイクロソフトからの資金援助(インフィニットアンディスカバリーのパブリッシャーをスクエニにするなど)

による面が大きく、世界的にXbox360が売れているからという理由は結果論でしかない。

「次はWii……言っちゃっていいのかな」 ドラクエ発表会

ドラゴンクエスト10がWiiで発売する。この事実を目の前にしたときPS2さえ持ってればどんなゲームでもできた恩恵を受けていたゲーマーはどのような行動をとるのだろうか?Wiiは現在のところSCE製ハードでキラータイトルだったソフトのWii独占タイトルこれだけ存在している。

・モンスターハンター3

・ドラゴンクエスト10

・戦国無双3

・テイルズマザーシップタイトル(テイルズシリーズの本編)

ドラゴンクエスト10がWiiで発売する今回の一報はサードソフト投入戦略にも影響が出てくるはずである。その影響によりPS3やXbox360向けに予定されていたソフトは確実に減っていくだろう。既にPS3やXbox360で発売すると決めてしまったタイトル

・ファイナルファンタジー13(PS3)

・バイオハザード5(PS3/Xbox360)

などはどうやってPS2時代と同等の売り上げを見せるのか不思議でたまらない。そして未だにPS3に対してPS2時代のようにゲームが売れる幻想を抱いている人は

・ゲームを卒業する(これ以上ゲームハードは買わない)

・据え置きゲーム機は買わない(DSやPSPで十分)

・PS3やXbox360を買ってソフトが少なくても我慢する

・Wiiを買って多くのソフトを楽しむ

のどれかを行わなければならない。そしてこれらの選択をユーザーがしたとしても結局はサードソフトの支持者がたくさんのハードに分散されてしまうため、それぞれのハードに対するゲーム制作費が増える割には、個々のソフトの売り上げは減ってしまい、サードソフトメーカーはどんどん潰れていくのは間違いない。何れにしろ今後のゲーム業界の見通しが決まったことは新清士の言うとおり確かである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに会った

8/24以来でした。
しかし何があったかというと正直、何があったかは話したくないというのが本音です。
相手を批判しないというのは接客業で慣れてるので問題ないのですが「経済的にどうなのか?」というのが問題です。

「うわ、何か話すり替わってるし、しかも遊べる余裕あったんじゃん。
こちらからメール打っちゃいけない雰囲気は何だったんですか?
向こうからメールするって言ったじゃん・・・(´・ω・`)」

そこらへんの話も話し合いはしましたが、こちらからあえてメールすべきだったのでしょうか?

肝心なところはこちらの主張を通しましたがこれが限界かな・・・

【女】男は結婚するべきではない【発狂】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1228620550/
女嫌いな男性が増えている
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1226095753/

こういう人たちの主張に少し共感を覚えた1日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

428 封鎖された渋谷で と TYPE-MOON

▼Wii「428」、Xbox360「Fallout 3」が好調な滑り出し
http://ameblo.jp/sinobi/entry-10173870454.html

なんかこのソフトの評判がすこぶる良い。
初日でWiiのサードの新作ソフトで2.7万本売れるのはかなり珍しい。
Wiiでそこまで任天堂製のソフトに興味が無い自分としてはどうしても買いたいところ。

このゲームの評判が良くなった最大の理由はやはりファミ通のクロスレビューで満点を獲得したことだろう。
428が満点を獲得したというファミ通のフラゲ情報が出た先週の水曜日のAmazonはこのソフトの売り上げが急上昇してネットのゲームファンがなんとも面白い反応を示したようでした。

とはいえ、ゲームの中身にファミ通のヒゲこと「浜村編集長」が出ているのも満点の要因じゃないかと思うのだが・・・

ただこの40点満点は
・セガ史上初
・チュンソフト史上初
・同一ハードに2つ満点が出るのは史上初(もう一つはスマブラX)
・サウンドノベルシリーズとして史上初
という記録もあったりします。

そして、さらに面白いのはこのソフトのボーナスシナリオがTYPE-MOON製作だということ。
シナリオを書いているのは「Fate/stay night」などでおなじみの奈須きのこ。
キャラクターデザインも「Fate/stay night」や「MELTY BLOOD」などでおなじみの武内崇が描いているアニメーション作品となっている。
しかも既に来年アニメ化も決定しているとか。
何とも用意周到というか・・・。
でもWiiユーザー、「Fate/stay night」などが好きなTYPE-MOON作品のファン両方にお勧めのソフトであることは間違いなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »