« GWが明けたら | トップページ | 幕張へ来ました »

3日間で感じたことが今日の大河に集約されていた

お船の献身さに少し感動を覚えました。
自分が直江兼続だったらどう思うだろう?というのをずっと考えながら見ていました。

3日間(金・土・日)で自分は
・自分または自分たちのことを思って伝える人はありがたい
・机上の空論をいくら話しても実際にできなければ意味がない
・自分の意見を持っていきたい
ということ感じました。

【一つ目のことについて】
土曜日、彼女と名鉄百貨店セブン館地下の「ベリーカフェ」という喫茶店で会ってきました。
残念ながら一時間だけでしたが…(・ω・`)
主に大阪土産を渡したり、大阪のどこで遊んできたかを話しました。
その中で一番自分が感じたのは以前(研修前)に彼女と会った時と比べて一切、彼女が不満を言わず、「休日はゆっくり休んでね揺れるハート」という心遣いを伝えるようになりました。
彼女じゃない人からも同じような態度を自分、または自分らにとられたことがあり、こういったことは非常にありがたいことだと思います。
でも、本当は不満や下心があると思います。
それを肝心な時(今回だったらデート)に一切、言わないのは自分のことを深く考えてくれているのだと自分は考えます。
大河のお船も同じように兼続に対してなかなか会えなかった不満があったと思います。
しかし、そこは武家の嫁らしく献身的な振る舞いをしていたところに少し感動を覚えてしまいました。
(彼女と会った中で自分の会社がどこかというのを伝えたおかげかやっと彼女の働き先がわかりました。女性ファッションのアパレル用品の卸業を行っているそうです。(´―`;)カナリベッセカイダ)

【二つ目のことについて】
最近、mixiで恋愛に関するデータを記した記事が多くなっています。
その記事に対してよい印象を持っている人は多くないと思います。
それはあくまでもデータです。
大切なのは「どれだけ経験があるか(実際の経験やデータを見て実際に判断できるか)」と「どれだけ相手の期待を考えて行動できるか」だと思います。
データは一つの事しか指し示してくれません。
人間は十人十色ですから、その人のベストは自分で考えないといけません。
経験やデータが少なければ様々な状況に対応することができません。
また、結果が納得のいかないものになったのであれば結局、相手の期待に答えられなかったということになります。
データだけに捉われるのは間違っています。

【三つ目のことについて】
二つ目のことと被るかもしれませんが自分は自分、他人は他人だと思います。
金曜日、会社帰りに先輩方と飲みに行きました。
確かに競争して自分たちのモチベーションや実力を上げていくことは正しいことです。
しかし、それが本当に客のためになるのでしょうか?
あの場を自分の学生時代のバイト先の人が見たらどう思うのでしょうか?
「そんなことしているんだったら現場で苦しい思いをしているスタッフたちを助けてくれ」と言うでしょう。

自分は私利私欲に走るよりもその人たちをなんとかしたいです。

|

« GWが明けたら | トップページ | 幕張へ来ました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/44972528

この記事へのトラックバック一覧です: 3日間で感じたことが今日の大河に集約されていた:

« GWが明けたら | トップページ | 幕張へ来ました »