« 幕張へ来ました | トップページ | 赤い部屋 »

「やつらは自分たちと違う」とは思えない自分

がいます。

親会社の人たちは自分と同じような大学の学部卒が多く、大人数なため、あまりフレンドリーに付き合うことができない人たちが多い気がします。なので少し同情してしまいます。

つまり自分がそこまでフレンドリーになれないということでもありますが…

I氏が言っていたような「『漏れと同じ地域の人』が『別の地域(本社)の人』をみて、『あいつらは違うわ』と言っていましたし、」というような発言が今日は多く出ました。地域の人は親会社の人たちを

「講師の人に何かを尋ねられて、発言しても発する声が小さい」

「挨拶しても誰も反応がない」

「全体的におとなしい人が多い」

入社前の自分が現状態の地域会社の人に何かを言うとすれば

「おまえらリア充は何度も集団コミュニケーションをしてきたかもしれないけど、こっちはそんなのには慣れてないからフレンドリーさを求められても困るわ」

と言うでしょう。おそらく親会社の人も同じことを言うのではと思ったりします。もちろん親会社の人たちもフレンドリーな人はいます。しかし、mixiに登録している地域会社の新入社員が半分程度、親会社は3/4もいるのですが、

地域会社はmixiなんてやらなくてもコミュニケーションがとれるから人数が少ないと思われます。(現実のコミュニケーションの中で生まれたコミュニティ)

親会社は2chとかmixiとか宣伝してたし、とりあえず入っておくかという雰囲気があったと思います。(初めにコミュニティがあって、そこから仲良くなっていくという状態)

個人的な意見を述べると、どちらもコミュニティが存在する意義が無いように見えます。ただ双方の意義の無い理由はまったく違います。

親会社の人が「地域の人ってこんなに飲み会するの?」と驚いていましたが、一般的な社会人の方々からすると当たり前のことだと思います。自分もできるだけアクティブな行動をとっていきたいです。

|

« 幕張へ来ました | トップページ | 赤い部屋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>「講師の人に何かを尋ねられて、発言しても発する声が小さい」
>「挨拶しても誰も反応がない」

というのは、別に地域も会社も関係無いと思いますけどね。
別に精神論でもない、無縁のことですから。

「その会社の人=こういう人」というステレオタイプを持つことは非常に危険だとは思いますが、それでも一定の枠はあると思っています。

ちなみに、これは個人的な意見ですが、別にコミュニケーションは酒が無いと全く出来ないとは思っていません。
酒が入らずとも、仕事上においてコミュニケーションは十分取れるものだと思っています。(別に私語をせずとも、仕事に対する取り組み方で「この人はこういう人」という考えが分かりますから)
*そうはいっても、飲みニケーションにアクティブに出るかでないかは、「鶴(上司)の一声」次第ですけどね('A`)

投稿: 行!行! | 2009年5月24日 (日曜日) 午後 10時22分

本音を言ってしまうと本社と地域の人と両方を比べた場合、自分から見ると
地域は我が強すぎるところがある気がします。
自分が話題を振ってもあんまり反応してくれないか、自分たちの話を続けてしまうことが多いのです。
そしてテンションが高いw
でも、本社の人たちはテンションはそんなに高くないけど、ある程度こちらの話を聞いてくれて理解してくれるところがある気がします。

自分の会社の特徴として地域の人は今年からしか大学生を採用していないことや地域は専門学校生や高専生が大半を占め、本社は学部卒や院卒が多い事実も自分の見方には入っています。
地域で学部卒な自分は非常に微妙な立場なんです。

大卒とそれ以外では給料も違うので、なんか周りと価値観が違う気がする自分がいる気がします。

投稿: EARTH1984 | 2009年5月27日 (水曜日) 午前 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72449/45077695

この記事へのトラックバック一覧です: 「やつらは自分たちと違う」とは思えない自分:

« 幕張へ来ました | トップページ | 赤い部屋 »