« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

Wiiのヤバイ現実から見る矛盾だらけのWiiユーザ

進む"二極化"......『マリオ』が大ヒット中でも笑えないWiiのヤバい現実
http://www.cyzo.com/2009/12/post_3488.html

この記事を見たときに何をいまさらと思ったのが正直な感想である。
DSの時もそうだったがWiiの発売当初から、サードが売れない、サードが売れないと言われ続けていたが、DSのように中小サードが柔軟な発想と少ない開発費で簡単にソフトを発売できる、そんな状況がWiiでは実現できなかったというところだろうか。では原因はどこにあるのだろうか?

この記事ではWiiはファミリー向けのライト層ばかりのユーザしかいないハードだから従来のサードが出すようなゲームが全く売れていないと言っている。
ここでWiiユーザに言いたいのはWiiユーザが馬鹿にされているというところに気づいて欲しいのだ。
現在Wiiは900万台売れており、現世代据え置きハードで一番売れているが、そのWiiユーザはサードソフトを全く買わない。
だからゲーム業界にとっては害悪でしかないという論調でWiiユーザを扱うこのような記事を書く人間が非常に多い。
別にソフトを買えとは言わないが、もっとゲームを作る側にWiiユーザとしての意見を言うべきである。
サードが作るゲームは任天堂と比べてつまらんから買わないとだけ言うのではなく、じゃあどうしたいのかをはっきりと伝えるべきだ。

Wiiがどうなろうと知ったこっちゃないと言うユーザがいるが、じゃああなたは何のためにWiiを買ったのかと問いたい。
おそらく任天堂ソフトをやりたいためとか、あるソフトをやりたいためということであろうと思うが、目的を果たした後に、Wiiが起動されずに押し入れに入ったままになっているのはサード会社を勘違いさせる原因になるからだ。
Wiiは一番普及しているので、そこにゲームを出せば売れるとサードは勘違いする。
そして実際に出してみると全く売れない。
で、結局Wiiに出しただけの開発費が水の泡になってしまう。
このしわ寄せは他のハードにも影響する。
Wiiに出したリソースでDSソフトを複数本発売することができるし、PS3やXbox360のようなHD(ハイビジョン)ソフトのリソースに補填することもできる。
HDソフトはリソースがとてつもなく必要であり、コスト削減のためリソースを減らしたとみなせるところが多々ある。
PS3やXbox360のソフトで中途半端に作られたソフトがあると感じる人は多い。
しかし、せっかくそのようなリソースをあえてWiiにつぎ込んだのにWiiユーザはそれを享受しないというのは他機種ユーザにとっては迷惑でしかない。
また、従来ソフトが好きなWiiユーザにとっても全くWiiソフトを買わないWiiユーザは迷惑でしかない。
普通にサードソフトが売れる市場にWiiがなれば、そのような従来型のソフトが売れ、発売するソフトの本数も多くなるが、全くWiiソフトを買わないWiiユーザはWiiソフトの発売本数を減らしていると言える。

Wiiソフトを買わないWiiユーザはホントに迷惑な存在だが、WiiではDQ10が出ることが既に決まっている。

ドラクエ10はWiiで発売--ドラクエ9は2009年3月28日、5980円で登場
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20385074,00.htm

その時、Wiiソフトを買わないWiiユーザがどのような行動を取るのかは見ものである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

死んでもFF13は買いません

自分は「野村FF」が嫌いです。
「野村FF」というのはスクウェアエニックスの
野村哲也というアーティスト気取りのゲームデザイナーが
作画をしたFFのことです。
具体的に言うとFF7、FF8、FF10、FF10-2のことです。
誰がどう言おうと嫌いです。
はっきり言えばソニー系ハードで出たFFが嫌いですが
ソニー系ハード移行の原因とも言える野村FFは特に嫌いです。
なぜ嫌いかは自分が小学生の頃だった時にさかのぼります。

小学生当時、ニンテンドウ64が次世代ゲーム機として発売されていました。自分は発売から半年後に直ぐに親に買ってもらえました。ニンテンドウ64の前世代ゲーム機のSFCのように様々なゲームソフトが出ると考えていましたが、スクウェアのPS移行という任天堂に対する裏切りによりプレイステーションが覇権を握ることになりました。小学生にとってはハードをもうひとつ買うと言うのは無理な話であり、同じくPSに移行したDQやFFよりもMOTHERシリーズが好きだったのでPSは買えませんでした。

スクウェアがPS移行した原動力は第一開発部というFFの生みの親の坂口博信や今のFF13開発チームのエグゼクティブプロデューサーの北瀬佳範、また野村哲也もそのチームにいました。当時のスクウェアは任天堂に対して「ニンテンドウ64はだめなハード」と発言するなど言いたい放題でした。同じようにPSを所持してFF7などをしていた同級生は自分のようなPSを持たない人を仲間外れにするどころか、PSを持っていないことでかなりイジメを受けました。そういうこともあり自分は死んでもPSは買わないこととMOTHER3やゼルダの伝説 時のオカリナが発売されるまで耐えることを誓いました。

しかし残念なことにゼルダの伝説 時のオカリナそれから2年後に発売、MOTHER3はニンテンドウ64では発売中止となってしまいました。

時は進んでゲームキューブやPS2が発売された時代、相変わらず任天堂の据え置きハードはソニーハードより普及していませんでしたが、FFCCでスクウェアが任天堂ハードに戻ってくるというニュースが飛び込んできました。最初はPS移行での因縁もあり、自分は懐疑的でしたがFFCCの開発者が野村FFに関わっていない河津さんであることやFF:Uのアニメが好きだった(FF:Uの原案は河津さん)こともあり、FFCCを買ってみました。FFCCはFFナンバリングとは違う雰囲気や聖剣伝説のようなみんなで遊べる面白さに触れ、これが自分の中でのFFと思いました。

FFCCシリーズが好きなのは単なる野村FFに対するアンチテーゼという批判もあるかもしれませんが、自分は黒歴史を作る要素の1つになった野村FFを許さないということと、FFはFFCCシリーズであるということを主張していきたいです。

今のスクエニを考えるとホントにこの会社は矛盾だらけだなと感じてしまいます。FFシリーズをどのような方向性に持っていこうとしているのかまったくわかりません。Xbox360で世界戦略として、どんどんRPGを出したのは明らかな失敗ですし、Wiiにあまりリソースを割いていないのも大きな失敗です。だからと言ってFF13援護のためにPS3にソフトを割いているかというと、それも疑問ですし、いったい何がやりたいのかわかりません。FF作品の分散化はユーザーの分散化を生み、結果としてFFユーザーの減少につながります。大人のFFユーザーは時間が限られることが多いため、年齢が高くなると共にFFに対する購買意欲が無くなります。FFは子供ユーザーには非常に弱いです。このような状況のFFに未来なんてあるのかと思います。

やはりFFはユーザーをひとつの機種に集める戦略をとっていくべきです。重厚長大主義を貫くソフトであれば開発費がかかるためなおさらその方が望ましいです。しかしスクエニの誰一人として、そのようなことを口にしないのが不思議です。

さて、自分はFF13の発売日にクリスタルベアラーを買うことにしますw(まだ買ってなかったのかよ!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »