« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年5月

iPhoneは敵だ

個人に与えられている時間は1日で24時間しかないわけだから
ゲームをやる時間っていうのも限られている。
今はmixiやgreeやモバゲーみたいな無料ゲームをやる人が多くなって、
WiiやPS3みたいなゲームをやる人が少なくなってるなあ…という話。
携帯ゲーム機で気軽なはずのDSですらそういう影響を受けている気がする。
mixiやgreeやモバゲーはお金とっていない(アイテム課金はあるけど…)けど、
iPhoneはゲーム自体にお金をとっているので、まだDSやWiiやPS3の敵であろうと思う。
任天堂ファンボーイ(笑)としてはiPhoneの存在は厄介だ。
ソニーの時もそうだけどソニーやアップルはゲーム以外の業種で利益をあげられる。
しかし、任天堂はゲーム以外の業種では利益をあげられない。
おとなしく本来の業種に専念してほしいのが本音。

だがサードパーティにとっては任天堂一極支配を抜け出せる
チャンスだと考え、喜んでいる馬鹿が大量にいる。
(あえて誰とは言わないが)
しかし、本当にそれが良いことなのだろうか?
iPhoneのカジュアルゲームやSNSの無料ゲームが
サードにとって大きな利益になるとは考えにくい。
DSでさえ大きな収益にはならなかったのに
それ以上に利幅の低いそれらのゲームに力を入れるのは
サードが自分で自分の首を絞めている気がしてならない。
なぜそこまでサードは利幅の大きいゲームを売って
自分たちの利益を拡大させようとしないのか?
はっきり言ってiPhoneのカジュアルゲームやSNSの無料ゲームに
力を入れようとするサードは自殺願望でもあるのだろうか?
iPhoneは敵であるが、それに協力するゲーム業界のアフォ共も敵である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゲーム業界擁護の人間としてマスゴミと芸能界が気持ち悪すぎると感じる

「御用マスコミもフル稼働中!」沢尻エリカの離婚騒動を仕掛けた"別れさせ屋"の誤算

別れさせ屋って結局、表面上はエイベックスだけど真に裏で糸を引いていたのはバーニングっていうオチ

視聴率急上昇! 沢尻エリカ離婚の第一報は"芸能界のドン"から宮根へのプレゼント!?

なんでフジテレビのMrサンデーがスクープできたのか分からない。不思議すぎる。結局、情報提供したのはバーニングで、エイベックスとバーニングの気持ち悪い工作活動が今回の騒動を引き起こしてるのかな?

のまネコ問題

北野誠の無期限謹慎とバーニング騒動に芸能マスコミの未来を憂う

藤原紀香と陣内智則の離婚騒動「芸能界のドン」バーニングプロダクションの情報操作に、まんまと乗せられた

ここまであからさまに印象操作をしているのに未だにマスゴミの報道にのせられて沢尻エリカや藤原紀香を擁護する奴らがいるのが気持ち悪すぎる(特に女性)

高城剛という人はゲーマから見れば3DOという松下電器産業(パナソニック)から出ていたゲーム機の仕掛け人というイメージがある。売れはしなかったけど、その後々の失敗がパナソニックと任天堂のゲームキューブ開発につながっているので、一定の評価はできる。

高城剛が沢尻エリカのために6か条の誓約書を制定したとき、マスゴミは一斉にそれを叩いたが、例えばDQやFFを作るスクエニの社長である和田洋一氏は6か条の誓約書についてツイッター上で「これにサインできないって凄い」と言っている。任天堂もそうだが、ゲーム業界はマスゴミや政治的圧力とは関係の無い所にあることが多い。今回の騒動も一(イチ)ゲーマーとして高城氏を支持したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »