情報処理

NTTグループはソニーを全力で潰すべき

ソニーモバイル社員「Xperia AXの不具合はドコモのせい」「僕のメイン端末はソフトバンクのiPhone5」

自分の会社(お米屋さん)がドコモにどうこう言える立場ではないが、これを放置するのであればドコモはどんだけ言われ放題なのかと思ってしまう。
この際、VITAの3Gも蔑ろにされているので、NTT東西の提携と同様に3DSの次世代機など(WiiUでも良いけど)ではLTEを搭載したゲーム機を任天堂と共同提供し、ドコモは現状を打破すべきだと思う。
そして、こういう非常識な社員しか居ないソニーを排除し、NTTグループ一丸となってソニーに日本のインフラは使わせるべきではないと考える。
ドコモもIT企業としての常識・非常識は理解しているはずなのでNTTグループであるのなら、こういう輩は放置しておかないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本、ゲーム、情報通信の未来について

miraijin @ ウィキ
http://www43.atwiki.jp/miraijin/

2chのオカルト板で最近、未来人が来訪している。中国の尖閣諸島問題や日本の政治の中枢を極左が握っていることあり、日本の未来が不安になることから日本の未来が気になるところである。

もちろん、馬鹿真面目に自称「未来人」とか言っているやつらのことを100%信じることは出来ないが、現実的過ぎる未来を話す未来人の話は現代の日本に生きる我々への警告と受け止めることも出来る。

未来人たちの話の中で気になるところが3つある。

①日本から見た未来の国際情勢について

これについては3タイプある

>・核の冬で壊滅的になった日本

>・中国の属州になった日本

>・軍隊や兵器を持つことを正当化し、周辺国との領土問題を日本に有利な形で解決させた日本

是非とも一番下のようになって欲しいが、どう考えてもそのようになるのは難しい気がする今日この頃。今は耐えるときなのだろうか?だが、確実に最近来ている未来人さんは一番下の日本に近づいてきているらしい。

②ゲーム業界について

>Q.2062年もソニーや任天堂は存続してますか。
>A.SONY NINTENDO 存在している。今でもグローバル企業だ

>任天堂がまだある。ソニーもあるがゲームは出していない。

任天堂には是非、ソニーに真似されないゲームを作って欲しいところ。ソニーには潔くゲーム業界から退場していただきたい。

>・未来にテレビゲームとかある?   ある。ほとんど立体3Dゲームになってる

やっぱり今年の3D元年から3D立体視ゲームが主流になるのだろうか?

③情報通信業界について

>・2020年現在日本のほとんどの通信事業と鉄道会社は国営化される。国有化されていないのは南海電鉄と西武鉄道とグローバルフォン

NTTの再国営化という1つの未来です。AT&Tが再合併したことがありましたが、NTTも原点回帰で再国営化する可能性もあります。今のNTT労組なんかはこの未来が一番理想的に思っているのかもしれません。

>Q.ソフトバンクはあるのかだけよろしく
>A.あなたには残念だけど、世界で最も有力なグローバル企業の一つとして存在している

>Q.IT系の人間なので、特にDocomoやSB、AUがあの乱脈経営に止めが刺さるのは何時か、孫正義という人物の行く末
>特に情報セキュリティ関連の法律の制定の動きが分ればよろ
>A.DOCOMO?AT&Tの旧名なのかな?

>Q.DOCOMOはNTT Docomo NTTのグループ企業。AppleやGoogleは存在してるのか?
>電波法・放送法・電気事業通信法が変わり総務省から電波行政が切り離されたりするのか?
>A.アップルは存在している。スティーブの記録は学校で学習した。グーグルに関してはノーコメント
>電波法・放送法・電気事業通信法。これら旧式の法律は存在しない。よって行政管轄ではない

この未来はNTTがAT&Tに買収され、日本の通信事業はソフトバンクが牛耳るという未来のようです。

スレの中では孫正義があれだけビジネスで成功しているのは未来人から未来を教えられているからだという意見もありましたが、NTTグループとしてはこれが最悪な未来でしょう。NTT法も無く、同じ未来人がインターネットマスメディアが力を持つとも言っているので、ソフトバンクがインターネットマスメディアを牛耳りステルスマーケティングにより世論を動かすことが容易に予想できます。

NTTグループについては通信事業の内需拡大に失敗し、外資に助けを得ないといけないところまで追い詰められるのでしょうか?NTTグループ内で再編だ分割だとか言っている場合ではないのかもしれません。もっと広い視野でNTTグループの形を変えていかなければならないのかもしれません。

その他いろんなことを話していますが詳しくはリンク先を見てください。果たしてこのとおりの未来になるのか気になるところですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NTTドコモが考える10年後の未来

http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/about/philosophy_vision/vision/index.html#p02

ちなみに1999年、ちょうどFOMAが出始める直前もドコモはこんな動画を作っていました。

http://www.youtube.com/watch?v=eXuXBROyV-g&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=zQZDhOoPfeI&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=CqFkQswOoTE&feature=related

ほとんどドコモは形はどうあれサービスを実現させていますが、他の会社にはこういった明確なビジョンが無いのがダメですね。やはりライフスタイルやコンテンツを提案するか、安さや技術しか押し付けないかの違いじゃないかと思います。iPhoneを持ってユーザに何をさせたいかはコンテンツプロバイダー任せですし、それではアタリショックやPS3のようになりますし、ソフトバンクのように安ければそれでいいという考えは何も生み出さず、ユーザに混乱を与えるだけであると思います。

気になるのは2020年の国際情勢ですが、2010年でのビジョンでは韓国が登場してますが、2020年ではドコモはインドを中心に紹介してますね?中国や韓国はどうなったんでしょうか?中国は分裂、韓国は北朝鮮に攻められ、強制的に南北統一でもさせられたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究テーマオワタ\(^o^)/

研究室配属から1ヶ月以上経ちました。いよいよ大まかな卒論研究テーマが決まりましたがそのテーマとは・・・

その他(要相談)

完全にオワタ\(^o^)/

「自由にやっていいよ」ということでもあるのである意味チャンスでもあるかなと思ったり。(とはいえ自分でテーマ見つけてやるのは大変だけど)

全く考えていないってわけでもないんですが、果たして実現可能かどうかが微妙なところ・・・

候補1 人工知能・AI

本来、自分は人間とコンピュータが容易にコミュニケーションをとれるインターフェースの開発・研究がしたく、そのテーマが研究室配属の時に用意されたのですが、いざ入ってみるとそれができないと言われました(泣) 来年じゃないと研究ができないそうです・・・

仕方なく新しいテーマで人工知能やAIに関わる研究をしたいと思いました。この研究室では人工知能・AIのことはあまり相談できる相手がいなさそうなので最悪、他大学の人に相談してみようかなと思ったり。本当は助手の人がそういった分野の出身なのですが、本来の研究室のメインテーマである医用工学の方にかかりっきりで頼りにできなさそうなので・・・

候補2 3Dシェーダプログラミング・3D画像処理・コンピュータグラフィクス

自分がもし就職できなかった場合、他大学の院に行こうかと考えています。もし、そこへ行った暁には上記のようなことやりたいと考えています。その前にその大学の先生に相談していったいどういったことがやれるのかも相談してみようと考えていますが・・・

候補3 組込みソフト

就職ができた場合、自分は上記のことに関わる会社に今現在、最も入社する可能性が高い状態にいます。(相変わらず無い内定ですがw)上記のことをやる場合には隣接している別の研究室の先生に相談する必要がありますが、まず内定をもらわなきゃ話にならないかな?

候補4 セキュリティシステム

今の大学の医学部と共同でやっている医用工学。助手の先生がかなり張り切ってわかりやすい説明されていましたが、唯一の疑問点が上記のことです。今の医学部の医用情報は単に保存させているだけの状態です。それをいろいろ情報処理の力で利益のある使えるものにしようというのが大まかな流れですが、それを悪用する人がいないとも限りません。(いろいろ悪い人もうちの大学にいたしねw 逮捕させられた人もw)電子化された情報を暗号化し、セキュリティを高めることはむしろ蓄積された情報を使えるものにする以上に必要なことではないのかと疑問に思いました。また医用工学とは関係ありませんが、単純に隣の研究室のIC認証による扉の開け閉めがいいなあと思ったり。

候補5 メディア情報処理

すみません、これは自分で作った造語ですw 就職活動でWebに関する様々なことに関わっている会社(その会社が言うには自分たちは「コミュニケーションデザイン業」を行っている、とのことでしたが)にセミナーを受けに行った時に、今の現状のインターネットを使った効果的なマーケティングについて話を聞いておもしろいなと思った次第です。

今のインターネットの広告はどちらかといえば広告代理店にとって非常に目障りな存在です。今までの自分たちの広告が思い通りに効かないからです。AISASモデルという言葉をご存知でしょうか?広告業界にいる方ならわかりますかね?今のインターネットのマーケティングモデルの流れだぞうです。注意(Attention)→興味(Interest)→検索(Search)→購買・評価(Appreciate)→情報共有(Share)という流れがあるそうです。この流れに沿って様々なものが人気商品として世に出ています。

例えば、テレビ番組である商品が紹介されると視聴者はそれについてインターネットで検索して、その会社のWebサイトに行きます。そこでテレビ番組に沿ったWebデザインや広告をしていなかったり、せっかくサイトを見ても商品を売っていなければ機会損失となり売るチャンスを逃してしまいます。そこで正しく見栄えの良いWebサイトをデザインし、たくさんの儲けを出すというのがその会社の仕事というわけです。その後、買われた商品は購入者によって評価されブログや掲示板やSNSなどに書かれて、様々な情報共有がもたらされて、さらにその商品が検索されてさらに商品が買われていくという循環が発生します。こうしてある商品がヒット商品として成長していくのです。

この循環が発生させるにはインターネットのサイトを見る人をきちんと誘導させられるようなWebサイトのデザインや技術が必要になります。それにはWebサイトを見る人がどのようにサイトを見ているのか?や、どういった言葉でそのサイトを探すために検索しているのか?や人をひきつけるのに必要な効果的な手法などが必要になります。自分は前者2つにおいては十分、情報処理においての研究テーマとなり得ることだと思います。また効果的な手法においても情報処理とは少し違いますが、以下のYoutubeの映像をご覧ください。

メントスガイザーですね、わかります。この映像はダイエットコーラやメントスを販売している会社の人間がやったことではありませんが、メントスの検索率は動画が公開されてから140%以上も伸び、自分も同じようなことをやってみたいと考えるユーザーのバイラル行動を走らせたそうです。

話は変わって以下の漫画を見てください

セミナーを受けた会社が作ったWeb漫画だそうですが、この漫画は公開三日で100万PVを集めたそうです。本当かな?漫画が言いたい事は一つだけ、「まず自分が誰であるのかを再認識することである」ということ。Webブランディングにおける大切なことの一つだそうですが言いたい事はそれだけなのです。さらに見ている人をひきつける要素としては、ダメなこと(家庭内での孤立→会社内での孤立→社会に対する悪→逮捕→家庭崩壊→自殺)という典型的なことを集めて、結末は感動的な話にして、プロの漫画の書き手や声優に製作を頼んだ上で動画共有サイトのコミュニティに投げ込んだそうです。

ここまで長く書いてきましたがつまりまとめるとコミュニケーションを念頭に置いた現代のWeb系オープンソースシステムの構築がやりたいということです。それらをやる上で上記のような現代にあるWebシステムの戦略というものを念頭に置きたいです。

最後に自分のスペックを一応書いておきますが、誰かこんな自分でも卒業論文テーマとして何かできることがある!という提案を持っている方がいれば是非教えてほしいです。よろしくお願いします。

学歴:C-ランク(準中位)駅弁大学 工学部 電電 情報処理関連の研究室の学部生

研究室:文字認識や画像処理に定評、医用工学とeラーニングの二枚看板、本来は人工知能についても看板としてできることをうたっているが今はあまり乗り気でない

その他:やろうと思えば他の研究室や産学連携や他大学連携も可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)