国際社会

自民が勝って日本・ゲーム業界はどうなるか?

衆院選、自民党が大勝しましたが、これからゲーム業界、そして日本はどうなるのでしょうか?

●任天堂株価(現在値(2012/12/17 15:10)8,910前日比+180(+2.06%)

●ソニー株価(現在値(2012/12/17 15:00)919前日比+13(+1.43%)

株価のほうは自民大勝によりデフレ対策による円の大量発行が行われるとの期待から、株価はかなり上がりました。特に任天堂にとっては円高による為替差損が収益を圧迫していたことから任天堂にとってはかなりのプラス材料でしょう。

3区 宮崎氏、接戦制す

山内成介

選挙区の中には任天堂対ソニーの様相を示した選挙区がありました。京都3区です。維新の山内成介氏は元任天堂社員で山内相談役の甥に当たります。

基調講演に元ソニーCEO出井伸之氏!第3選挙区支部講演会開催

上記のような対決は偶然起こったことですが、実際、自民党が勝ったことは経団連との繋がりが無い任天堂にとっては更にソニーによるステルスマーケティングが強化される懸念があります。

アメリカザリガニ平井善之らが“日本ゲームユーザー協会(JGUA)”を設立

 
158 名無しさん必死だな [sage] 2012/12/08(土) 08:24:53.06 ID:eu0JR8H30
>日本ユーザーゲーム協会 三根 一仁
http://jgua.org/member/

>代表取締役 三根 一仁
>ソニー株式会社入社。ビデオ事業の経営企画
http://www.insprout.com/company/member.html

>「スプラウト・インキュベーションファンド1号」の第2号案件として
>Willvii 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚崎秀雄)への投資が完了しました
http://www.insprout.com/company/news_2007.html

>三根 一仁フレンド
https://www.facebook.com/minekazz/friends
>松岡 賢次 勤務先: ソニー・コンピュータエンタテインメント
>Rob Davis ソニー・コンピュータエンタテインメント
>塚崎 秀雄 WillVii社長
@EXAPON
はちま起稿が、日本ゲームユーザー協会の http://jgua.org/user-kimochi/477/ … をソースに
「「1月据え置きゲーム期待度ランキング」が発表!
『PSオールスターバトルロイヤル』『アクセル・ワールド』 など」という記事を書いていた。
 
 
上記を考えると、やはりソニーのステマ強化の一環か、ユーザがソニーを支持していることをゲームユーザ協会という訳の分からない存在を用いてステマしているのは明白です。
 
●「青少年健全育成のため児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に 関する法律の早期改正を求めることに関する請願」
※第178回国会 これから付託される予定の請願  『現行の「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」では児童ポルノの売買や譲渡は処罰の対象としているが、「単純所持」は処罰されない。また、ネット上においても、児童ポルノをパソコンや携帯電話に取り込む「単純所持」が許される限り、違法画像が児童ポルノサイトに掲載されると、不特定多数の利用者がコピーを繰り返し、画像が無数に広がり、負の連鎖を断つことができない。

さらに、漫画やアニメ、ゲームソフト等「仮想のわいせつ画像や性的虐待の表現」も目に余り、これ以上、児童ポルノの氾濫を放置しておくことはできない。一日も早く児童ポルノサイトに接続できなくなる制度等を導入し、全ての「単純所持」を処罰できる有効な法律改正をすべきである。』
 
以前、当ブログでは前東京都知事で今回の衆議院選で日本維新の会の党首だった石原慎太郎が東京都青少年健全育成条例の改正を行い、それを批判しました。
 
 
上記は左翼や新自由主義の宗教団体の利権が動いた条例改正でした。そして、それは結果的に東京国際アニメフェアとアニメコンテンツエキスポの分裂を招き、アニメ・漫画業界の地位低下を招きました。しかし、今回、自民党が主張している規制は結果的にアニメ・漫画・ゲームの地位向上に繋がるものであると考えてます。それはPS VITAなどのSCE系ソフトの表現規制を出来る物になり、世界の恥とまで呼ばれる日本でしか売れないゲームの打破にも繋がるでしょう。
 
 
任天堂、山内相談役が言っていた上記のような「秋葉原にうろついているような連中の為のゲーム」からゲーム業界が脱却しなければゲーム業界の地位向上には繋がらないのです。
 
 
「30代や40代になってまでも秋葉原あたりをうろうろして、ゲームで遊んでいるような状況ではおかしい」 (1999)
 
では、自民党の二次元規制に対する反応はどうかというと、特にそういうゲームを好んでいるツイッター民は選挙の話題を出さないか、左翼的に自民批判をしているかのどちらかで予想通りと言えるでしょう。ゲーム業界が二次元規制に対して抵抗するキャンペーンをするわけでもなく、行っているのは任天堂に対するネガティブキャンペーンばかりで、本来、抵抗すべき相手を間違えている始末で話になりません。このままこういう犯罪予備軍なPSユーザは二次元規制して徹底的に排除すべきでしょう。
 
●ネットは衆愚化、しかし、それは全て仕組まれていること
民主、未来、社民などの売国左翼政党支持者はついにこんなことを言い出しました。
 
 
Twitterで選挙陰謀論が広がっている模様
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355666305/l50
河津聖恵「日本人の過半数は、ネット右翼と同じだった、位に考えて心したほうがいいと思う」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355659064/l50
在日・左翼 「もう日本脱出しようかと思っている」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355724918/l50
 
 
自民党圧勝のこの状況にリベラル・ハト派・左翼と呼ばれる人たちは一斉にアレルギー反応を示しました。確かに日本国民は前回、民主党を選んで、今回、自民党を選びました。マスゴミはそういった自民党を選んだ日本国民すら右傾化したと批判しています。(いったいどこの国のマスゴミなんでしょうか?)池田信夫などはこんな激しい主張をしています。
 
池田信夫「与えられた民主主義は機能しない。衆愚政治の日本は専制君主制に戻せ」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355656001/l50
 
ソニーが行っているようなステマに簡単に踊らされ、マスゴミの報道を鵜呑みにし、有名人や自称専門家の意見や宣伝を受動的にしか反応できない日本人は確かに衆愚化した国なのかもしれません。しかし、そういった社会システムはどうやって出来たものなのでしょうか?ツイッターなどのインターネットは西洋、つまりアメリカから来たものです。推測ではありますが、ツイッターなどの社会システムを考えた人間はこういった、今の衆愚化した日本を想定していたと思います。全てはユダヤ・新自由主義者・イルミナティが仕組んだものと言って良いと思います。我々、日本人はユダヤ・新自由主義者・イルミナティが仕組んだ社会システムを打破し、本当の意味での独立をすることは出来ないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本必要なのはアメリカにも中国にも尻尾を振らない国を作るのが必要である

ニコニコでライズオブネイションを使った日本をとりまく戦争ストーリーを見るのが楽しい。実際にその動画のようなことが起こっても何も可笑しくはないのが今の日本だから困る。

覇権主義にそった行動をとる中国と東アジア情勢にあまり関心が無いアメリカ、日本コンプレックスの韓国とそれに独裁国家の要素を加えた北朝鮮、漁夫の利を狙って虎視眈々と東アジアを狙うロシアと・・・日本の周りの国はホントに恐ろしい国ばかりである。

尖閣諸島付近で起きた中国漁船衝突事件に関しては日本の外交はド素人で強烈な事無かれ主義・平和主義であり、逆にこのようなことは戦争を引き起こしかねない外交態度であり非常に危険である。

日本では経済界を中心とした親中派がいるが、もし中国と戦争になった場合、彼らの家族が奴隷的扱いや暴力、レイプなどにより無残に殺されてしまった場合、どう責任をとるつもりなのか?日本が右傾向化するのは太平洋戦争下で日本人に支配された恨みや反日教育により日本を周辺国が攻めた場合、このような民族浄化が必ず起こるという恐れから日本が右傾向化するのである。日本の右傾向化を進めているのは紛れも無く日本の周辺国である。

同じように銃社会で自分たちと敵対するものに対して臆病になっているアメリカも世界中がアメリカを挑発すればするほど恐怖心を感じるアメリカは右傾向化し、戦争を起こすだろう。中国が覇権主義をとるのはアメリカにとっては中国の周辺国を取り込むことが出来、都合が良い。逆に東アジアが協調路線をとり過ぎるのもアメリカにとっては自身の東アジアにおける影響力が無くなる為、都合が悪い。仮に中国が消えて、日本が東アジアで最も大きな国になった場合、アメリカは日本を威嚇するだろう。

日本がアメリカや中国にも頼らない普通の国になるのはいつ訪れるのか?その前に中国やアメリカの属国になるのは御免だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)